アンジェリーナ・ジョリーがバットマン最新作「ダークナイト」続編に出演を打診!!、もちろんキャットウーマンです!!

アンジェリーナ・ジョリー-キャット・ウーマン
公開から、たった10日間で興行収入3億ドルを突破した、驚異の大ヒット作バットマン/ダークナイト」(8月9日公開)の続編については、今のところ、主役のクリスチャン・ベールが出演契約をすでにしているという以外、何の情報もないのですが、ニューヨーク・デイリー・ニュース興味深い記事を掲載しました。ニューヨーク・デイリー・ニュースは、60年代に放送された実写テレビシリーズ怪鳥人間バットマン」の中で、キャットウーマンを演じた女優ジュリー・ニューマー(↑写真左/現在74歳)を取材し、彼女の言葉として、「アンジェリーナ・ジョリーバットマンの次回作にキャットウーマンとして出演させてほしいと自ら願い出ている」と伝えています。現在もタレントしては現役のジュリー・ニューマーですが、女優としては、長らく休業中の彼女だけに、どのような映画界のルートから、そんな情報を得たのか?!は疑問ですが、元祖キャットウーマンとして、今も人気の高いジュリー・ニューマーは、自分の後継者として、アンジェリーナ・ジョリーほどキャットウーマンにふさわしい女優はいないと絶賛し、「彼女ならヒロインであると同時に悪役でなければならない複雑なキャットウーマンのキャラクターを演じきれる」と太鼓判を押しています。「バットマン」シリーズの第3弾は、いずれ確実に作られると思うのですが、「ダークナイト」でのヒース・レジャージョーカー存在感が大きすぎて、確かに、アンジェリーナ・ジョリーほどの大物でなければ、次の悪役はつとめきれないのでは?とは思われます。しかし、ティム・バートン監督の「バットマン・リターンズ」(1992年)で、ミシェル・ファイファーが演じたキャットウーマンは辛うじて成功したものの、2004年に製作された、ハル・ベリー主演の「キャットウーマン」はバカバカしいとされ、サイテー映画の賞ラジー賞4冠の不名誉に輝いているので、ともすれば、侮蔑的な意味でマンガチックにもなりかねない微妙なキャットウーマンを、現在のリアルなバットマン」を取り仕切るクリストファー・ノーラン監督とクリスチャン・ベールが、果たして登場させるか?!は疑問です。「バットマン」の悪役女性キャラとしては、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997年)で、ユマ・サーマンが演じたポイズン・アイビーという、“エコ・テロリスト”として、むしろ現代にマッチしているキャラもいるのですが…。どのような役であれ、アンジェリーナ・ジョリーが出演するバットマンは観てみたいものですね。ジュリー・ニューマーの半信半疑な言葉の“半信の方に期待しておきましょう!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中