ワーナー・アニメのキャラクターたちが長年の抗争にケリをつけ、残酷に殺しあう様を描いたイギリスのスプラッター・アート展の写真!!

残酷トムとジェリー
ひぇーッ!!ト…トムがジェリーを食べやすいように包丁でスライスしているよーッ!!と、ビックリして、キャラクターのファンの人はひいてしまうような、この残酷なフィギュアは、ロンドンの「ジ・アクアリウム」というギャラリーで行なわれている「カートゥーンのキャラクターたちが心に想い描かない殺し」というブラックなポップ・アート展示会の写真です。「トムとジェリー」や、「バッグス・バニー」といったアメリカカートゥーン・アニメを観ていて、どのエピソードもライバル・キャラたちが鬼ゴッコをくり返すだけのケリもオチもない展開に、なぜかイライラし、ふざけてないでマジにズバッといったれや!!と思ったことがあるかもしれませんが、それをやっちゃうとこうなってしまう訳ですね…。こうしたキャラクターたちを幼い頃の思い出のように愛しんでいる人には見るに忍びず心ないアートです。でも、こういうブラック・ジョーク大スキですよね?!、と訊かれて、今、うんッ!!答えた人だけ続きを読むの後作品ご覧下さい。しかし、ワーナー・ブラザースはよく、こんなのにライセンスを与えたもんですね?!、キャラのイメージ完全に破壊しています!!、これらの作品(商品)を創っているのは、jCauty&SON というカートゥーン・アートビジネスにしている工房です。
残酷カートゥーン-ギャラリー
ではギャラリーにお入りください!! →


シルベスター・キャット-トゥイーティー
    ↑ カナリヤトゥイーティーが、性悪ネコたんのシルベスター
      食べられちゃったでしゅ!!
トムとジェリー-1
    ↑ はトップのフィギュアトムとジェリーミニ・ポスターですね。
    ↓ ジェリー現実的な死に方を遂げています…。
トムとジェリー2
バッグス・バニー-ダフィー・ダック-1
    ↑↓ バッグス・バニーダフィー・ダック殺し合い!!
    ↑ はギャラリーのショーウィンドウフィギュアの二次元
バッグス・バニー-ダフィー・ダック-2
ワイリー・コヨーテ
ワイリー・コヨーテにはまり、圧死したロード・ランナー…アニメでは、こういう展開の後、重りをどけたら、ぺッタンコの状態から、また復活するんですけれど、これだけ大量の出血をしていては元に戻れそうにはありません…。これらの小さな子どもたちの夢を壊して泣かせる残酷カートゥーン・アートミニ・ポスターを、キライな人へのさりげないアテツケとして贈りつけてみたい人は、ココで購入することができます。1枚35ポンドなので、約5,000円です。
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中