落ち目のトム・クルーズ、「ミッション・インポッシブル」復活のミッションもインポッシブル?!

トム・クルーズとイサベラ、コナー
写真は、先週の土曜日(4月26日)にトム・クルーズが、カリフォルニア州のカーソンで行なわれた、親友デビッド・ベッカムロサンゼルス・ギャラクシーが、クラブ・デポルティボ・チーヴァス勝利した試合を、子どもたち(イサベラ(15歳)、コナー(13歳)、共に養子)を連れて観戦に訪れた時の様子です。トム・クルーズは今年の夏休みの大作映画として、第二次大戦のナチスが舞台のスリラー映画ワルキューレ(Valkyrie)」(監督ブライアン・シンガー)を製作・主演しましたが、映画のデキが思わしくなく、いったんオクラ入りとし、毎年2月開催のアカデミー賞の候補になりえない映画ばかりが揃う、来年の2月ひっそり公開するハメになっています。そんな落ち目のトム・クルーズは、ダメ映画ワルキューレ」で自分の価値がさらに下がる前に起死回生の切り札として「ミッション・インポッシブル」シリーズの第4弾を年内に製作発表したいとのウワサです。その根拠は、トム・クルーズが経営陣に名を連ねる映画会社ユナイテッド・アーティスツが、先ごろ、キーファー・サザーランド大ヒット・テレビシリーズ24 -TWENTY FOUR-」のプロデューサー脚本も手がけたジョエル・サーノウマイケル・ローセフコンビと契約し、「007/カジノ・ロワイヤル」(2006年)の監督マーティン・キャンベルを迎え、新たなスパイ映画の構想を開始したと伝えられたからです。恐らく、それこそがミッション・インポッシブル4となるべき映画だと思われるのですが、「ミッション・インポッシブル」シリーズは、2006年に、トム・クルーズの宗教へののめりこみなど奇行を理由に、契約解除の絶縁状を突きつけてきたパラマウント映画の作品であり、トム・クルーズとユナイテッド・アーティスツは、うかつにはミッション・インポッシブル4を準備中とは口にできない状況にあります。そのため、水面下パラマウントと交渉中と言われるトム・クルーズですが、新たなスパイ映画に、イーサン・ハントとして主演できるのか?、それとも新しいキャラクターを創造しなければならないのか?ハリウッド№1スターへの返り咲きというミッション・インポッシブルを可能にするカリスマは残っているのでしょうか?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中