「ダークナイト」の作者デヴィッド・ゴイヤーが監督した最新オカルト映画「アンボーン」のポスターと、ゴイヤーが怖かったホラー映画BEST4!!

アンボーン-ポスター
デヴィッド・ゴイヤー原案を担当しているバットマンシリーズ最新作ダークナイト」が今夏、歴史的大ヒットとなり、時の人として注目を集め続けている脚本家デヴィッド・ゴイヤー(写真)の最新監督作品アンボーン」が初公開したポスターです。ビショ濡れになりながら、悲鳴を上げている美女は、謎のモンスターに追われたかと思えば、お次は謎の幽霊に悩まされている、「クローバーフィールド」(2008年)のオデット・ユーストマンです。本作は2週間前に、ココで予告編を紹介しましたが、オデット・ユーストマン演じるヒロインケイシーの一緒に生まれてこれずに死んだ双子の片割れが、怨霊となって彼女にとり憑き、復活をはかろうとするのを、ゲイリー・オールドマンエクソシストが退治しようとしますが、怨霊の背後には、さらに恐ろしい存在がいた…ッ!!みたいなお話です。その「アンボーン」の撮影現場を訪問した、ホラー映画の専門サイト Bloody Disgusting.Comインタビューに応じたデヴィッド・ゴイヤーは、過去20年間のホラー映画を振り返り、ロクな作品がなくホラー・ジャンルは不作だったと苦言を呈しています。そういった中で、デヴィッド・ゴイヤーは自分が本当に怖いと思ったホラー映画として、以下の4本を上げました。 → 


ジェイコブズ・ラダー」(1990年/エイドリアン・ライン監督)
ザ・リング」(2002年/ゴア・ヴァービンスキー監督)
プロフェシー」(2002年/マーク・ペリントン監督)
エミリー・ローズ」(2005年/スコット・デリクソン監督)
デヴィッド・ゴイヤーは以上のホラー映画について、恐ろしい出来事が現実に起きているかのようにリアルに描いた点が優れていたと述べており、映画としての格も備わっていたとしています。上記4本のうち、「ザ・リング」はご存知のように、そもそもは日本のホラー映画のリメイクですから、少し横に置いておくとするならば、残りの3本は、確かにそれぞれ良くできた映画で、日本のマニアにも認められていますが、一般にはウケずにヒットしなかった作品ばかり…。デヴィッド・ゴイヤーの“現実に起きているようにリアルに描く方がよい”という映画作法は、まさに「バットマン/ダークナイトに取り入れられたそのものであり、世界中で大ヒットの引き金となった重要なポイントです。けれど、その「ダークナイト」はオタク大国であるはずの日本では、大してウケずブームにまで至りませんでした日本ではなぜ、「ダークナイトが流行らないのか?!海外のメディアでニュースにさえなるほどでしたが、デヴィッド・ゴイヤーが「ダークナイトの下敷きにしていたと思われる作品が、日本ではコケた映画ばかりだった…というのは、そういった疑問に答えを求める分析の中で、貴重なヒントになるかもしれません。また同時に、次回作続篇バットマン3」の行方を占う指標ともなりそうです。デヴィッド・ゴイヤーは先の4本の他に、「ディセント」(2005年/ニール・マーシャル監督)、「THE JUON/呪怨」(2004年/清水崇監督)の2作品も、恐ろしい場面描写が際立っていた作品としてあげていますが、総評的には「ディセント」はB級映画の粋を出ず、「THE JUON/呪怨はダメ映画だと斬り捨てられています。ところが、先のリンクから、この「アンボーン」の予告編をご覧いただくと、明らかにTHE JUON/呪怨」の清水崇監督の演出をパクッている様子が窺えるので、デヴィッド・ゴイヤー自身のホラー映画も、本人の言葉とは裏腹に、理想とする領域には達せられていないのかもしれません。まぁ、「アンボーン」はプロデューサーマイケル・ベイですから、ホラー映画の焼き直しは得意ですし、描写もリアルさで背筋を凍らせるよりかは、ドカンッと派手に手に汗握る流れへと方向づけられても無理はありません。しかし、デヴィッド・ゴイヤーの理想からハズレてるとなれば、それは日本人にはおもしろいウケそうな映画だと言うことですよね?!、そんな、とりあえず楽しめること間違いなさそうなアンボーン」は2009年1月9日から全米公開です。
※ 「商業サイト」での文章の二重使用・無断転載厳禁。引用の場合はリンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中