ニコラス・ケイジは犬泥棒か??、自伝出版で女優キャスリーン・ターナーを告訴!!

Send Yourself Roses白いドレスの女」などで知られる女優キャスリーン・ターナーが今月、自伝Send Yourself Roses」を出版することになり、本の中の記述をめぐって、ニコラス・ケイジロンドンで彼女を告訴したと、英国BBC放送報道しています。自伝の中に、ふたりが1986年共演した、フランシス・フォード・コッポラ監督名作ペギー・スーの結婚」の撮影時のエピソードがあり、ニコラス・ケイジが、大監督のフランシス・フォード・コッポラの甥っ子であるのをいいことに、現場でいかに横暴な態度だったかが書かれているそうです。ニコラス・ケイジは、おじさんのコッポラの七光りを嫌い、あえてコッポラの名前を使わなかった謙虚な人などと、相変わらず日本のマスコミは伝えていますが、実はそうではなく、大物有名人の親戚であるのをハナにかけ思い上がりでやりたい放題やってきたバカのサイテー人間であると、すでに本人が自分で認めています。その為、なぜ今さら、ニコラス・ケイジが「名誉毀損、誹謗・中傷だ!!」などと騒ぎ、裁判までするのか、疑問視されているのですが、本の中で、ニコラス・ケイジが同映画の撮影中に2回警察に逮捕されたとあるのが問題のようです。1回めの逮捕は飲酒運転で、2回めは、見かけた他人のチワワをかわいいからとジャケットのポケットに隠して連れ去った犬泥棒の罪だそうです。う~ん、そんなことでスター同士が裁判とは…これも何だか、トホホ…なお話です。ニコラス・ケイジが犬泥棒か?、どうかは、いずれ裁判で明らかになるでしょう…。なお、キャスリーン・ターナーの自伝では、他にもバート・レイノルズなど、数人の有名人が槍玉にあげられているようです…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中