悪用厳禁!!、残酷映画「ファニーゲーム」で学ぶ「他人の家を支配するマニュアルビデオ」、そのハウツーを完全公開!!


ミヒャエル・ハネケ監督が自身の代表作である残酷映画ファニーゲーム」をハリウッドセルフリメイクした「ファニーゲーム.U.S」の公開がいよいよ来月の間近に迫ってきたので、ちょっとおもしろビデオ風の予告編でも作って、一般ウケも狙ってみたってことでしょうか…??
UGペット468×60バナー

奇想天外!、意味不明!、だけど魅惑的な幻覚映画「ザ・フォール」の予告編で悩んでください!!

ザ・フォール異常かつスタイリッシュ映像世界が観る者をにした、ジェニファー・ロペス主演の「ザ・セル」の監督ターセム・シン最新作ザ・フォール(The Fall)」(2006年)の予告編を入手です。2007年に様々な映画祭で上映され、不思議な映画として話題になっていた幻の作品です。内容が、とりあえず、一般向けでないのは明らかなせいか?、なかなか配給が決まらなかったようで、今年になり、やっとロシアでだけ一般公開されていたのが、アメリカでも来月ついに公開の運びになったようです。物語病いの床の男が、思いつくままに、女の子に話すおとぎ話と、現実の世界とが混沌としていくファンタジーとしか説明されていません。一体、どんなオチがあるのか?、ないのか?、まるで予測不可能です。プロデューサーとして、デヴィッド・フィンチャー(「ファイト・クラブ」1999年)とスパイク・ジョーンズ(「マルコヴィッチの穴」1999年)が名を連ねていることからも、相当にクセモノな映画であることは容易にわかりますね。もちろん、日本公開予定は無いと思いますが、間違いなく、一見の価値ある作品と思います。必見の予告編は続きを読むの後です!!
ザ・セル デラックス版 <特別プレミアム版>
おすすめ度 :
内容もおもしろいのですが、ともかく、映像のイメージだけで、これは絶対に観た方がいいとお薦めしたい映画です。未見の方は、廃盤になる前にレンタルビデオ屋にお急ぎください。

続きを読む

「X-メン」のスピンオフ「ウルヴァリン」、興行苦戦の敗北予想?、ライバルはあの女の子です!!

ウルヴァリンとハンナ
次々とミュータントキャスティング発表され、本当にウルヴァリンの誕生を描くスピンオフか?それとも単にX-メン4なのか?、と揶揄され始めている「X-Men Origins: Wolverine」ですが、興行レースで1位は獲れない?、と早くも苦戦予想が出ています。その理由は、「ウルヴァリン」と同日2009年5月1日初日公開ブツけるディズニーが発表した人気テレビシークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」(テレ東で放送中)の最新映画版が、「ウルヴァリン」の出足を挫き観客を奪ってしまうかも?と見られているからです。日本と違い、アメリカでの「ハンナ・モンタナ」の人気は根強く、今月、アメリカ公開されたコンサートの3DムービーHannah Montana/Miley Cyrus: Best of Both Worlds Concert Tour」も大ヒット驚異的な興行成績をおさめています。しかし、コンサート・ムービーの爆発的ヒットの要因は、1週間だけの限定上映というふれ込みで、観客を煽って劇場に急がせたり限られたチケットに高値のプレミアがつくなどの話題性の宣伝効果が高かった為で、果して、1年以上先の新作映画でも、同じようなブームを起こせるか?、は少し疑問です。加えて、1週間だけと散々、希少価値を宣伝しながら、ヒットしたので…と、結局、上映を打ち切らずハナから延長を予定してたようなディズニーらしからぬ詐欺まがい興行により、ディズニーは大事な「ハンナ・モンタナ」に、自ら泥を塗ってしまいました…。「ハンナ・モンタナ」が勢いを保つか?、「ウルヴァリン」が宣伝でまき返すか?、ディズニーVSマーベル・コミックの闘いの決着が楽しみです!!、とりあえず、「だれも完璧じゃないの」と、嘘?の宣伝で大金を稼いだ弁解のような邦題の、ハンナ・モンタナことマイリー・サイラスが歌う「nobody’s perfect」のビデオクリップを、続きを読むの後にあげておくので、ハンナ・モンタナって誰?!という方はご覧下さい。
シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ/サントラ≪DVD付≫/AVCW-12603シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ/サントラ≪DVD付≫/AVCW-12603
おすすめ度 :
アイドルに変身の時は「金髪」で…、「ブロンド信仰」は今も健在のようです。ま、マイリー・サイラスは素の普通っぽさがカワイイですけど!!

続きを読む

ネットで自殺志願者を探して死ぬまでを記録する過激ドキュメンタリー映画の予告編…。


サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で公開される「A Necessary Death」(不可欠な死)の予告編です。映画学校の学生が、インターネットで自殺志願者を募り誰が本当に死んでくれそうか?吟味し、選んだ自殺志願者の自殺予告日までの行動と死ぬ瞬間記録映画として作ろうとする様子を追跡したメイキングドキュメンタリー映画のような感じの作品らしいです。聞くからに悪趣味なコンセプトで、だからこそ、そんなバカげた映画を作ろうとする奴も狂ってるんじゃないか?、ということで、ドキュメンタリー映画のドキュメンタリーという、ややこしいテーマの構成も成り立つのかもしれませんが…。未公開なので、本当に自殺まで追うのか?、はわかりませんが、予告編で、自殺志願者らが死にたい理由として、不治の病や、家庭不和など、悲惨な人生を語る姿だけでも、胸が痛みます。日本でも「自殺サイト」で知り合った人たちの自殺事件ニュースになってますが、本作のそもそもの狙いは、そういったアンダーグラウンドなインターネットの世界焦点を当てたかったそうです。しかし、そんな社会問題正面から取り組むと言うより、ノーバジェット(ゼロに近い低予算)のスター無しホームビデオさえあれば自分ひとりでも奇抜な発想だけで一攫千金のドキュメンタリー映画で、マイケル・ムーアや、モーガン・スパーロックのように、ひとやま当てたい…本心見え隠れしてるような気もします。そういう、自称ドキュメンタリー作家」と、セレブの私生活を追う「パパラッチ」は、被写体が有名か無名かの違いしかないのでは…。
生命保険契約ナビ