新「スーパーマン」の監督は「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟!!と、弟子のジェームズ・マクティーグ監督がドイツで極秘情報を暴露!!

ウォシャウスキー兄弟-スーパーマン
不評大赤字を出し、無かったことにされてしまったブライアン・シンガー監督の「スーパーマン・リターンズ」(2006年)に代わる、新たなスーパーマン」の映画シリーズ立ち上げを、不評大赤字を出し、無かったことと思いたいスピードレーサー」(2008年)のウォシャウスキー兄弟監督が打診されているそうです!! → 


映画サイト AICN打率が高いスクーパーとして知られる映画ジャーナリストハリー独占ネタで伝えたところによれば、韓国のスターRAIN ( ピ)ハリウッド映画初主演作となる「ニンジャ・アサシン」を、ウォシャウスキー兄弟プロデュースによりドイツで撮影したジェームズ・マクティーグ監督が、ドイツのテレビ番組に出演し、師匠格ウォシャウスキー兄弟ワーナー・ブラザースから、「スーパーマン」の新作映画少なくともトリロジーシリーズ化を前提監督しないか?!打診を受けている…明かしたそうです。
タツノコプロ名作アニメマッハGoGoGo」を実写映画化した「スピードレーサー」で大失敗したウォシャウスキー兄弟次回作として、昨2008年7月ココで伝えたグニャグニャ・ヒーロー登場するコミックの映画化プラスティックマン」の準備を進め、ジェームズ・マクティーグ監督はすでに「プラスティックマン」の第2班の監督として、プロジェクトに参加する契約までしましたが、ウォッチメン裁判に端を発するワーナー・ブラザースコミック映画化企画見直し作業の中で、「プラスティックマン」が一旦、保留扱いとなってしまったため、代わりのプロジェクトとして、ウォシャウスキー兄弟に「スーパーマンがまわってきたそうです。
ワーナー・ブラザースとしては、ウォシャウスキー兄弟過去の「マトリックストリロジー大ヒットの実績を評価して、「スーパーマンを託そうということか?!と思われますが、少しミスマッチのような感じもします。
いずれにしろ、スーパーマンの監督はウォシャウスキー兄弟!!という情報は、今のところ、ジェームズ・マクティーグ監督が言っているだけで、あまりヒットしそうにもない自分の最新作ニンジャ・アサシン」に注目を集めるためホラを吹いている可能性もあるので、まずは、ふ~んそんなこと言ってるんだ…ドイツで…ビール呑み過ぎ?!ぐらいに思っておいてください
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中