あのM・ナイト・シャマラン監督が人気アニメを実写映画化する最新作「アバター~伝説の少年アン」のキャスティングが決定!!

アバター~伝説の少年アン
ハリウッド実写版ドラゴンボール・エボリューション」よりスゴイことになりそうな、“現代のエド・ウッドM・ナイト・シャマラン監督による、ニコロデオン人気アニメアバター~伝説の少年アン」の実写映画化出演するメイン・キャストが発表されました!! → 


アバター~伝説の少年アン」は、アメリカ子ども向けケーブルテレビ二コロデオン(ライアン・オニールの1976年の名作「ニッケルオデオン」と同じ名前。映画館のことです。)で、2005年から今年2008年にかけて製作・放送された人気アニメで、日本の二コロデオンでも、ご覧になることができます
内容アジアがモチーフとされていて、かつて世界は、気・水・火・土の4つの国にわかれていた、それぞれの国には、国の名前の能力を身につけた者たちベンダーが存在し、その頂点4つの能力すべてを会得したアバターがいた!!という世界観がベースとなっています。そのアバターが今や、いなくなったことで世界の均衡が崩れ火の国が他の国を侵略し始めたことから、アバターを受け継ぐ伝説の少年アン未熟ながら、世界を救うために立ち上がる…ッ!!という冒険と成長の物語です。
さて、M・ナイト・シャマラン監督の「アバター~伝説の少年アン」の出演者ですが、まず主人公伝説の少年アンを演じるのは、テキサスのオーディションで発掘されたノア・リンガーという、まったくの新人です。少年役ですから、当然、ティーンエイジャーだと思うのですが、アン役に抜擢されるということは、空手など何か格闘技の経験があるのでは?臆測されます。今のところはまだ一般人なので、写真がなくルックスを紹介できないのですが、追ってリリースされたら、ご覧いただきたいと思います。では、他のキャストの紹介です。
アバター~伝説の少年アン-ジャクソン・ラスボーン
↑ 水の国の出身で、自分たちの国を滅ぼした火の国への復讐を果すため、アンと共に闘う少年サカを演じるのは、シンガポールで生まれたジャクソン・ラスボーン23歳です。彼は「The O.C.」のエピソードにチョイ役で出たりなどしていた無名の俳優ですが、アメリカ現在、大ヒット中の「トワイライト」で、ヴァンパイアのジャスパーを演じたことで注目され、この「アバター~伝説の少年アン」の準主役を獲得しました。ご覧のようなハンサムなので、日本でもこれからアイドル人気を得られるかもしれません。
アバター~伝説の少年アン-二コラ・ペルツ
↑ サカの妹カタラ役に抜擢されたのは、やはり無名のニコラ・ペルツです。歯を矯正中の写真を使うのは本当はかわいそうですが、無名なので、他にあまり写真がありませんでした。ニコラ・ペルツは、マシュー・ブロデリックダニー・デヴィート共演した「ライトアップ! イルミネーション大戦争」(2006年)や、ロバート・デ・ニーロアル・パチーノタッグを組んだポリス・サスペンスライチャス・キル」(2008年)などに端役で出ていたようです。自宅の中にアイススケート場のお部屋?があるらしいので、とんでもないお嬢さまですね。カタラは、勝気な兄サカアンが何かとトラブるのを仲裁しながら、ふたりをまとめる役をつとめ、年下の少女ながら、実はトリオのチーム・リーダー的存在のようです。
アバター~伝説の少年アン-ジェシー・マッカートニー
↑ 世界を征服しようとする火の国の王子ながら、国を追われ、自らの名誉回復のため、アバター・ハンターとして、アンを捕らえようとする悪役のズーコ役に出演予定なのは、日本でもエイベックスからCDが発売されている歌手ジェシー・マッカートニーです。今月23日(火・祝)から日本でクリスマス公開されるディズニー・アニメティンカー・ベル」では、ティンカー・ベルを勇気づけてくれる青年の妖精テレンス役で声の出演をしています。
この「アバター~伝説の少年アン」を実写映画化するプロジェクトは、パラマウント映画が製作し、2010年7月2日全米拡大公開を目指しています。プロジェクトは、あらかじめ3部作のトリロジーで構想されていて、2010年以降、第2弾第3弾順次公開となる予定です。
メイン・キャストザッと見た感じからして、これまでのM・ナイト・シャマラン監督の作品とは少し異なるアイドル映画的ポップなアクション映画となりそうな感じですね。脚本M・ナイト・シャマラン監督が自分で書いているのは少し気がかりなのですが、この「アバター~伝説の少年アン」のプロデューサーをつとめるのは、フランク・マーシャルキャスリーン・ケネディという、いわゆるチーム・スピルバーグですから、変な方向にいかず、まともなエンタテインメントになるよう導いてくれるのではないでしょうか。M・ナイト・シャマラン監督がハプニング続きの落ち目のキャリアを立て直すため、職人監督に徹してくれればいいのですが…!!、もちろん、自分が出演もしないでッ!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中