ディズニー映画最新作「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」のヒーロー、ジェイク・ギレンホールが、俺の筋肉を見てくれ!!と写真を公開!!

プリンス・オブ・ペルシャ-ジェイク・ギレンホール-1
ジェイク・ギレンホール新作映画のために鍛え上げた自分の肉体美鑑賞してほしいようですが、彼の代表作は「ブロークバック・マウンテン」(2005年)です…などと書き足せば少し意味が微妙になってしまいますね!!
     → 


プリンス・オブ・ペルシャ-ジェイク・ギレンホール-2
同名の人気ゲームディズニーが映画化した最新作「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」のヒーロー、プリンス・ダスタンに扮したジェイク・ギレンホールです。
本作は本当は今夏公開のはずでしたが、「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」シリーズに続く“第2のエキゾチック・アドベンチャー”として大ヒットさせ、絶対にシリーズ化したいディズニーは、「X-MEN/ウルヴァリン」、「ターミネーター4」、「トランスフォーマー2」、「スタートレック」、「パブリック・エネミーズ」といった、この夏の強力なラインナップとの対決を避け、なんと1年も先送りし、来年2010年5月に全米公開することにしてしまった作品です。プロデューサーはディズニーのアクション大作と言えば、この人に決まっているジェリー・ブラッカイマー。監督は「ハリー・ポッター/炎のゴブレット」(2005年)でロバート・パティンソンを起用し、彼が「トワイライト・サーガ」(4月4日公開)の主人公、ヴァンパイア、エドワードに抜擢されスターになるキッカケを作ってあげたマイク・ニューウェルです。
「ゾディアック」(2007年)など、若手の演技派といったイメージが強いジェイク・ギレンホールですが、この「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」で、いよいよアクション・ヒーローに転進です。身も心も愛を交わしあった仲の恋人ヒース・レジャーが「バットマン/ダークナイト」(2008年)のようなヒーロー映画でも、ちゃんと演技をすればオスカーを獲れることを証明してみせたようにジェイク・ギレンホールもガンバッてほしいものですが、そういやジョーカーは彼の姉ちゃんのマギーをひどい目に遭わせてましたね!!
どんなにハードなアクション場面の要求にも応えられるように徹底的に肉体を鍛え上げたというジェイク・ギレンホールですが、彼がプリンス・ダスタンをどれだけカッコよく演じるてるのか?!、スクリーンで見届けるのが今から楽しみです。
相手役のヒロイン、プリンセス・タミナを演じたのは「007/慰めの報酬」(2008年)のボンド・ガールで脚光を浴びたイギリスの女優ジェマ・アータートンです。
キーラ・ナイトレイをイギリスから連れてきて、「パイレーツ・オブ・カリビアン」でスターにしたのと同じパターンです。ココに本作のテレビ取材の動画があります。
プリンス・オブ・ペルシャ-ジェイク・ギレンホール-3
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中