マイケル・ベイ製作の「エルム街の悪夢」25周年記念リメイク最新作の監督が決定!!

フレディ・クルーガー-エルム街の悪夢-1
今週末13日の金曜日に、リメイク版最新作13日の金曜日」を世界同時公開する、マイケル・ベイ監督のホラー映画専門回収再生業者?!プラチナム・デューンズリメイク・プロジェクトを進めてきた「エルム街の悪夢」の監督が決定しました!!白羽の矢が立った監督は…、→ 


エルム街の悪夢-サミュエル・バイエル
↑ の写真1962年生まれ音楽ビデオCMのディレクターサミュエル・バイエルという人です。と、いきなり言われてもフ~ン…ていう感じですよね?!…と、アレレ??この写真にこの文章前にも読んだような気が…と、常連のご愛読者の方は思ったかも?!
そうですね、この写真と紹介の文は、昨2008年8月サミュエル・バイエル監督を紹介した時の記事焼き直しでした。
その時の記事は、マイケル・ベイ監督にスカウトされ、主に広告業界で活躍してきたサミュエル・バイエル監督が映画界に進出し、プラチナム・デューンズ製作クライム・アクション・スリラーフィアスコ・ハイツ」で監督デビューすることになった!!というものでしたが、映画業界ブログRisky Business によれば、どうやら、監督人選が難航していた「エルム街の悪夢」をまずはサミュエル・バイエル監督に手がけてもらい、「フィアスコ・ハイツを後にしよう…と、爆発野郎は考え直したようです。
でまぁ、サミュエル・バイエル監督は、以前の記事読んでくださった方はご存知のように、昨年の夏、「バットマン/ダークナイト」とタイアップしたドミノピザCMで、「ダークナイトバリの演出を観せ、大きな評判をとった人ですし、「エルム街の悪夢」の復活リメイク監督するにあたっては何の不安もない適任者だと思われます。
そのリメイク版エルム街の悪夢」のシナリオを担当しているのは、ロバート・デ・ニーロ狂気の演技を観せた、マーティン・スコセッシ監督の大傑作ケープ・フィアー」(1991年)でも、オリジナルの「恐怖の岬」(1962年)を上手く現代的にリライトした脚本家のウェズリー・ストリックです。
ウェス・クレイブン監督がオリジナルの「エルム街の悪夢シリーズ第1弾発表したのが1984年だったので、今年2009年はその公開25周年記念の年にあたるため、「13日の金曜日」を完成させたプラチナム・デューンズは、今年中新生エルム街の悪夢」をプロモーションするべくピッチを上げて早くも春ごろからシカゴで撮影に入るスケジュールを組んだそうです。
なので、監督も決まったことですし、近日中には、元祖フレディロバート・イングランドに代わり、誰が殺人鬼の新フレディを演じるのか?!など、キャスティング・ニュース続々と伝えられそうですね。
ハリウッド期待新鋭サミュエル・バイエル監督がメガホンをとるリメイク版最新作エルム街の悪夢」の続報に乞うご期待です!!
エルム街の悪夢-2
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中