シリーズ最新作「メン・イン・ブラック3」の製作が決定!!、2011年公開と、ソニー・ピクチャーズ重役が公式発表!!

メン・イン・ブラック-1
日付けが約1日遅れるアメリカでは今日が4月1日エイプリル・フールですが、公式の場で発表された、このニュースは嘘ではなさそうです!!
    → 


テレビの視聴率調査で有名なニールセンの主催で、先月末3月30日から今月4月2日にかけて、ラスベガスで行われている映画興行関係者のための業界見本市であるショーウエストで、アメリカでは今日となる1日午前にプレゼンテーションを行ったソニー・ピクチャーズの世界配給部門の代表ローリー・ブリューワー氏が、「メン・イン・ブラック3」を2011年公開に向け、企画開発中であることを明かし、集った映画館のオーナーらなどにアピールしました。
メン・イン・ブラック」シリーズは、ウィル・スミスと、トミー・リー・ジョーンズが主人公のエイリアン・ハンターを演じ、バリー・ソネンフェルド監督のメガホンで1997年に第1作が公開された、スティーヴン・スピルバーグ製作のSFアクション映画シリーズで、2002年には同監督・同キャストによる続編の「メン・イン・ブラック2」も作られました。第1弾の「メン・イン・ブラック」はアメリカ国内だけで2億5,069万ドルの爆発的な大ヒットとなり、全世界トータルでは5億8,939万ドルを稼ぎ出し、現在も歴代興行ランキングの第46位に位置するブロックバスターでした(ちなみに第47位は「アイアンマン」)。続編の「2」では興行成績はかなり下落しましたが、それでも依然、アメリカ国内で1億9,041万ドル、全世界では4億4,181万ドルのメガヒットを記録しています。なので、「メン・イン・ブラック」シリーズの第3弾がいずれ作られるのでは?!というウワサは常にあった訳ですが、このように同映画の製作母体であるソニー・ピクチャーズの重役が公式の場で発言するのは初めてのことなので、意表を突かれた映画メディアはみな、驚きの記事を掲げています。
しかしながら、ローリー・ブリューワー氏は「メン・イン・ブラック3」を作ると宣言しただけで、スピルバーグ監督が製作総指揮をとるのか?!、ウィル・スミスは三度、主演するのか?!、そして現在はエイリアンに体を乗っ取られ、缶コーヒーだけを楽しみに日本で働いているトミー・リー・ジョーンズは人間に復帰できるのか?!など、製作の詳細は何も語っていません。ショーウエストでのプレゼンテーションは公式のビジネス・イベントなので、その場にいた映画記者らもさすがにローリー・ブリューワー氏のスピーチを遮って、質問を飛ばすことができず、何もわからずじまいです。が、そのような席で企業の重役がエイプリル・フールだからと言って、ウソのスピーチをするとは思えないので、とりあえず、ソニー・ピクチャーズが「メン・イン・ブラック3」を作るということだけは本当と思っておいてよさそうです。
メン・イン・ブラック-2
ただし、「メン・イン・ブラック」シリーズが先のような大ヒットにも関わらず、終わってしまったのは、実のところ、映画の内容自体はかなりつまらなかったからなので、このニュースに対するファンの反応は今ひとつのようです…。しかし、ソニー・ピクチャーズも、失敗を踏まえて仕切りなおしの再スタートを切るつもりでしょうから、まずは注目をしておきましょう!!
尚、ローリー・ブリューワー氏は合わせて、「スパイダーマン4」、「新ゴースト・バスターズ」の製作も発表しましたが、それらはすでにアナウンスされているので、特に目新しい驚きはないですね。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中