インド映画「ハリ・プッター」は、「ハリポタ」に似ても似つかずと判断した裁判所が、ワーナーは映画ファンをバカにしすぎと厳しい指摘!!

ハリ・プッター
約1ヶ月前にココ(予告編あり)でお伝えした、ワーナー・ブラザースイギリス支社が、インド映画ハリ・プッター/コメディ・オブ・テラーズ」(Hari Puttar/A Comedy Of Terrors)を、同社の看板映画ハリー・ポッター」シリーズの偽物であるとして、著作物の財産権などを侵害されたとして起こした訴訟に裁定が下りました。22日(月)にインド・ニューデリーの最高裁が下した判断は、ワーナー・ブラザースの訴えを棄却するというもので、同社の訴えには信憑性がないとしています。ニューデリーの最高裁は、以前の記事でもふれましたが、映画ハリ・プッターの製作はすでに2005年に公表されており、それから3年間も放置した後、映画が完成し、公開の直前になってから、訴えを起こしてきたワーナー・ブラザースの行為には、真に自社の映画ハリー・ポッターの権利を守ろうとする意志は感じられないとしています。また、まるでジャンルの異なる映画ハリ・プッター」を、魔法使いの映画ハリー・ポッター」と混同し、見誤る者がいるとは常識的には考えにくいとし、題名も酷似とまでは言えないとしています。この裁定を受けたワーナー・ブラザースは「『ハリー・ポッターファンの観客の混乱を防ぐのに加え自社の財産を守る当然の訴えを起こしたまで」と頑な態度を崩さず、裁判所の決定内容をよく検討し、今後の対策を考えたいとしています。インドでは普通の名前であるハリという男の子を主人公にしたファミリー向け映画ハリ・プッター/コメディ・オブ・テラーズ」は、20世紀FOXの「ホーム・アローン」シリーズの盗作と言うのが一般的な見方で、ワーナー・ブラザースが「ハリー・ポッターと関連づけた訴訟を起こすのは、愚の骨頂だと、最初から世論は見ていましたが、ニューデリーの裁判所は、そんな世論に沿った判断を下したことになります。また、裁判官暗に指摘したように、ワーナー・ブラザースはハリー・ポッターファンをはじめ映画の観客の知能をバカにしすぎではないか?という切り返しには、アメリカの映画サイトなどの反応記事も同意し、インド映画ハリ・プッター」を、ダニエル・ラドクリフ主演の「ハリー・ポッターシリーズの最新作とカン違いして意気揚々と映画館に足を運ぶのはワーナー・ブラザースの人間だけ!!と言った皮肉を書くなどしています。ワーナー・ブラザースは、シリーズ最新作ハリー・ポッターと謎のプリンス」の公開日を、今年11月から、2009年7月に突然変更し、すでに多くのハリー・ポッターファンからボイコットの抗議を受けるなど、自分たちでハリー・ポッターシリーズを自滅に追いやろうとしていますが、今回の訴訟もまた、「ハリー・ポッター離れを一層と促進させただけの、みっともない行為として終わりそうです。なお、ワーナー・ブラザースがインド映画「ハリ・プッター」を訴訟した真意は、同映画が宣伝展開にあたり、ファスト・フード大手のマクドナルドとのタイアップを得るなど、複数の有名企業との契約に至ったことに着目し、そういった辺りから儲けを掠め取ろうとしたハイエナ行為だという見方が有力視されています。「ハリ・プッター/コメディ・オブ・テラーズ」は今週末から、無事にインドで公開の予定。ワーナー・ブラザースが訴えない限り世界で知られる可能性などなかった映画ですが、お陰で有名になったので、海外セールスも今後、有効に展開できるかもしれません。
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

「ハリー・ポッター」の童貞喪失は16歳!!、初体験を年増女性とヤッた俺ってキモいっすか?!とダニエル・ラドクリフが赤裸々告白!!

ダニエル・ラドクリフ
ピーター・シェーファー名作戯曲エクウス」の舞台で、立派なオチンチンを人前で惜しげもなく披露していた、「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフが、男性誌 Detailsインタビューに答え、初めてそのオチンチンを使ったのは16歳の時であることを告白しました!!、16歳と言えば、ダニエル・ラドクリフは現在19歳ですから、3年前となり、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005年)が上映されてる時には、もう童貞ではなかったんですね。ダニエル・ラドクリフは初体験の相手の女性の名前や、素性までは、さすがに明かしていませんが、「16歳の男の子がエッチするにはちょっと年上過ぎだったかな?!おまえッキモいよ!!と気色悪がられるかも!!」なんて、照れ隠しか?自虐的なことを述べているので、年上の女性に筆おろしされたようですが、「年上と言ってもありえないぐらいメチャクチャな年上じゃないよ!!」と、変な誤解だけはされないように打ち消しています。なので、50代とか?!のオバサマではなく、う~ん20代後半??それとも30代前半??のお姉さまとかいったところでしょうか?!、ダニエル・ラドクリフは、その程度のことで俺ってキモい?!とか気にしなくていいと思うんですけどね!!、また、ダニエル・ラドクリフは、同じインタビューの中で、「ハリー・ポッターはもう映画の中だけに置き去りにしたい…」と、本格的な大人の俳優としてのハリー・ポッター宣言をしています。共に成長してきたハーマイオニーエマ・ワトソンも、映画よりも自分の青春が大事と、シリーズの最終作ハリー・ポッターと死の秘宝2部作の出演を拒否しましたし(説得され、イヤイヤ出演)、ロン・ウィーズリールパート・グリントインディーズ映画で個性派俳優の道を目指そうとしています。主演トリオにとっては、もはや、「ハリー・ポッターは過去のものなのかもしれませんね…。ハリーももう大人の男ですしッ!!、で、ダニエル・ラドクリフは、その後どれぐらいオチンチンを活用してきたんでしょうか?!

「ハリー・ポッター」シリーズのワーナー・ブラザースが訴えたインド映画「ハリ・プッター」の予告編をご覧下さい!!


著作権の記録を管理するアメリカ合衆国著作権局が、公的に権利所有者として認める20世紀FOX無視して、カルト人気のコミックウォッチメン」を映画化し、20世紀FOXから告訴されてしまったワーナー・ブラザースが(ココココ)、ご存知、同社の看板映画である大ヒット・シリーズハリー・ポッター」(Harry Potter)の権利を侵害するニセモノとして、インド映画ハリ・プッター/コメディ・オブ・テラーズ」(Hari Puttar/A Comedy Of Terrors)をイギリスで告訴しました。訴えられたインド映画ハリ・プッター」は、 ↑ 上の予告編を観てもらえれば、一目瞭然なように、留守番の子どもたちが泥棒をやっつけるという内容で、ハッキリ言って、「ホーム・アローン」(1990年)のパクリです!!、家族旅行に大慌てで出発した両親が、子どもを家に忘れちゃった!!という出だしも同じです。ですから、本来は「ホーム・アローンシリーズの権利を持つ20世紀FOXが、こちらも訴えるべきところを、「ハリ・プッター」と「ハリー・ポッター」と名前が似てるというだけの理由で、ワーナー・ブラザースの方が訴えちゃった訳です。けれど、“ハリ”はインドでは普通の名前。主人公の10歳の男の子が、そんな平凡な自分の名前に“ポッター”をつけてニックネームにしてるというだけのことで、もちろん、魔法など使いませんし、「ハリー・ポッターを連想させるものは何も出てこないそうです。なので、このインド版ホーム・アローン」と「ハリー・ポッター」を混同する人はまず滅多にいないであろうことから、“ハリー”や“ポッター”を使うとダメと言うなら、ワーナー・ブラザースは、レネー・ゼルウィガーの「ミス・ポター」(Miss Potter ← 英語だと名前のスペルは同じ)なんかも、イチイチ訴えていかなきゃならないんじゃないの?!と、失笑を買っています。訴えらた「ハリ・プッター」の映画会社 Mirchi Movies 側は、このタイトルをすでに2005年に商標登録か?何かをしていたそうで、それを映画公開の直前(9月12日)になり、訴訟をフッかけてきたワーナー・ブラザースは遅すぎる!!と、バカバカしすぎる裁判にイラ立ちを隠せないようです。とりあえず、今のところ、インドでしか公開の予定がないローカルなガキ映画を訴えてみても、メディアの巨人ワーナー・ブラザースに得なことは何もなさそうに見えます。また、ワーナー・ブラザースは、本当に「ハリー・ポッターが大事なら、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の公開日を突然変更し、ファンを裏切って世界中で恐ろしい数の観客を失うようなことをしない方がよかったのでは?!
ハリ・プッター-インド映画

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の新しい写真と、ファンを小バカにした公開延期の言いわけ!!

ハリー・ポッターと謎のプリンス-18
シリーズ最新作ハリー・ポッターと謎のプリンス」の公開日を突然今年11月21日(日本29日)から、2009年7月17日に変更し、世界中のファンをドンびきさせ、「もうハリー・ポッターの映画は必要ありませんし観ませんからッ!!」と、いっそ、映画のシリーズを止めてくれと猛反発の抗議が殺到してしまったハリウッドのワーナー・ブラザースが、新たに同映画から、マイケル・ガンボン演じるダンブルドア校長の撮影風景の写真(↑)と、公開を延期した張本人COOアラン・ホーン氏からファンに向けたメッセージを発表しました。メッセージの全文は英語の原文を、続きを読むの後にあげておくので、英語の得意な方は、そちらを読んでくだされば結構ですが、ザッと内容を述べると、お決まりのようなファンに対する感謝の言葉と、公開日の変更はカンタンな決断ではありませでした…みたいな戯言に続き、「もし不幸の中にも幸いあれと言わせてもらえるなら、『謎のプリンスの公開が延期になったことで2010年11月公開の最終作死の秘宝前編との間の2年間のギャップが18ヶ月以内に短縮されました!!」などと、くだらないことを述べています。その“短縮”の結果として、前作ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007年7月公開)から、「謎のプリンス」までのギャップが“2年間”に延びた問題の核心にはふれず、ゴメンなさいの素直なひと言も無いことから、この人は単にアタマが悪いのか?!、それとも、ハリー・ポッターのファンを徹底的に小バカにしておちょくる遠まわしな宣戦布告なのか?!と、アラン・ホーン氏は、返ってファンの怒りの火に油を注いでしまいました…。前にもふれたように、夏に公開すれば、世界的に客足がガクンと落ちることが過去のデータから証明されている「ハリー・ポッター」シリーズなので、アラン・ホーン氏の考えはよくわかりませんが、「待つだけの価値はあります」という彼の言葉に対する、ファンの「あなたにそれを言う資格はありません」という冷たい反応からすると、夏に弱いハリー・ポッターの定説はくり返されそうです。ちなみに主演ダニエル・ラドクリフ公開日の変更を知らされたのは、発表の前日だったとのことで、いずれにしろ、ダニエル・ラドクリフにも成す術の無いことは言うまでもありません。最後に、 ↓ は、公開日を変更したバージョンの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の予告編です。前にココで紹介したものと中身は同じですが、せめてもの慰めとして、あげておきました。映画ファンと映画会社が対立するのは本当に嫌ですね。映画は人気商売のはずなのになぁ…。
http://www.traileraddict.com/emb/6093

続きを読む

最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」、映画は公開延期でも、写真は平気で追加リリース?!

ハリー・ポッターと謎のプリンス-12
今朝もココで追加記事をお届けした、今秋11月から、来年2009年7月に公開が延期され、ファンのみならず、映画関係者にもショックを与えてしまったシリーズ最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が、映画は封切らないくせに新たに写真を追加リリースしました!!、来年夏公開であることを考えると、早すぎる写真公開な訳ですが、たぶん予定解禁日が来ちゃったので、そのままメディアが公開してしまったのかな?!と勝手に想像します。ま、すでにココココでも写真を紹介していますし、今秋公開に向け、予告編もココに出していますから、今さら写真を6枚追加したところで、同じことですけどね…。それにしても、こんなに中身をチラつかせておきながら公開を約1年も先伸ばしするなんて…、本当にガッカリであると同時に、拷問みたいな目に遭わされ、怒り狂ってる世界中のファンの反発など、今後の成り行きも気になります…!!
ハリー・ポッターと謎のプリンス-13
ハリー・ポッターと謎のプリンス-14
ハリー・ポッターと謎のプリンス-15
ハリー・ポッターと謎のプリンス-16
ハリー・ポッターと謎のプリンス-17

公開延期の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を表紙にしちゃったエンタテインメント・ウィークリーと、おかげで大儲けのディズニーの話題!!

ハリー・ポッターと謎のプリンス-EWアメリカでこの秋公開の映画の特集を組み、イチオシとして「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を表紙にしてしまったエンタテインメント・ウィークリー誌(以下、EW)の最新号の写真です。昨日、ココでお伝えしたように、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は、今年11月21日(日本29日)の公開予定が突然、来年2009年7月17日に変更されてしまいました。なので結果として、EWは、この秋公開されない映画を大プッシュして、大恥をかいてしまった訳ですが、それが何でニュースになるか?と言うと、EWと「ハリー・ポッター」シリーズのワーナー・ブラザースは、同じタイム・ワーナー傘下のグループ会社だからです。その為、EWは言わば、ワーナー・ブラザースご用達の映画情報誌のような性格を若干、持っているので、だから当然として、ワーナー・ブラザースの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を表紙にし、イチオシにした訳ですが…、ワーナー・ブラザースは身内のEWにさえ、内々にでも公開延期を示唆してはあげなかった訳ですね。封切りまで3ヶ月と目前の時点での公開延期は、興行関係者には当然、代わりに上映する映画を用意しなければならないなど、作品編成のカレンダーの組み替えや、予告編の差し替えなどを余儀なくしますし、配給会社は、すでに11月の封切り日の日付けを入れて印刷してしまったポスターや前売り券などを修正しなければならないだけでなく、テレビスポットCMや試写会のキャンセルなど、宣伝プランもやり直さなければなりません。そんな風に、多くの関係者が迷惑を被り、ワーナー・ブラザースの重役たちにふりまわされてしまったことの象徴が、この身内でさえ無視されたEWの表紙だと、欧米のメディアでは批判されています。アメリカでは、我先にとばかり、サマームービーの公開をライバル他社より早めていった結果、映画界では5月から”になってしまったのですが(日本ではGWですね)、ワーナー・ブラザースは今夏、バットマン最新作ダークナイト」(公開中)を、他社のサマームービーが出尽くした感のある7月18日という、世間一般での本来の”に封切ったところ、歴史的なヒットになったことから、そこに勝機を見出し、夏深まったミッドサマー・デイ公開こそ、新たなヒットスポットだと金鉱を掘り当てたような気になり、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を7月17日に移動させたのではないか?!とも言われています。けれど、前回の記事でも指摘したように、「ハリー・ポッターシリーズが夏場に弱いことは証明済みですから、ワーナー・ブラザースのマーケティングの責任者の考えはよくわかりません。また、今年2月にニュー・ライン・シネマ吸収したワーナー・ブラザースは、旧ニュー・ライン・シネマの抱えていた新作がラインナップに加わったことで、作品供給過剰となり、自社作品同士のつぶし合いが避けられないことから、事態を収拾する余裕をもうけるのに、強力すぎるハリー・ポッターと謎のプリンスを移動したとも言われています。しかし、それで、後3ヶ月と楽しみにしていたのが、1年先に伸ばされ、落胆を隠せないファンに対し、せめて、先の「バットマン/ダークナイト」で大成功した、ファンが一緒に楽しめる長期的な素晴らしい宣伝活動でも行なってくれるといいのですが…。さもなければ、すでに最終作ハリー・ポッターと死の秘宝」を前後編に2分割という出し惜しみを行なった上での、今回の「謎のプリンスの公開延期ですから、コアなファンによる「J・K・ローリングの原作本さえあればもう映画はいらない!!」という、何だか、聖書だけが唯一の教えで、偶像は良しとしないカソリック的?映画ボイコットの抗議運動が本格的に拡がってしまうかもしれません。尚、EW誌は、ワーナー・ブラザースに対し、「身内だと思っていたのに…」と、遺憾の意表明しています。最後に、ちなみですが、アメリカでは、強力なライバルがいなくなったのを、これ幸い、ディズニー最新作のアニメボルト(↓)」(声の出演はマイリー・サイラス)の感謝祭(11月27日)前日26日(水)公開予定を早めて、本来のハリー・ポッターと謎のプリンスの公開日21日(金)に滑り込ませ、ウィークエンドに初公開とし、週末にガッポリ稼いで、さらに週明けの平日も感謝祭のホリデイなので、さらに続けてガッポリ儲けるという、機を見た素早い対策を取りました。どうやら、「ハリー・ポッターと謎のプリンスの公開延期で得をするのは、ひとまず、ディズニーだけのようです
ディズニー-ボルト

残念!!、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が来夏に公開延期!!

ハリー・ポッターと謎のプリンス-6
ハリー・ポッター」シリーズの映画を製作しているワーナー・ブラザースが、海外で今年11月21日に公開予定だった最新作ハリー・ポッターと謎のプリンス」を、来年2009年7月17日公開に延期すると発表しました!!、ワーナー・ブラザースは、この延期について、その理由を、同社のCOOアラン・ホーン氏が「家族向けのファミリー・ピクチャーである同映画は秋公開よりも夏休み公開の方がよりふさわしいであるに加え昨年末から今年にかけて行なわれた脚本家組合のストライキによる公開カレンダーの狂いを調整した」と説明しています。しかしながら、「ハリー・ポッター」シリーズは、夏に公開した「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004年)、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007年)よりも、秋に公開した残りの3作品の方が高い興行成績のデーターを残しており、平均して秋の方が世界市場で約5,000万ドル(約54億円)も多く稼いでいます。それはライバルとなる話題作や大作が少ない秋の方が集中して観客を取りこめるからであり、ワーナー・ブラザースの説明する“家族向け映画は夏休み”という理屈も理解できますが、ビジネスとしては微妙な判断となりそうです。ま、本音のところは、今年はバットマン最新作ダークナイト」(大ヒット公開中)で散々、儲けたし、確実に大ヒットのハリー・ポッターは来年にまわそうか?!みたいな気がしないでもないですが…。日本での公開日変更はまだ発表されていないと思いますが、ワーナー・ブラザースは基本的に世界規模で公開日を同じにしたい会社なので、日本での11月29日の公開日も今後、確実に来夏に変更されると思われます(アメリカやイギリスで公開されないのに、日本だけ先にやるとは思えない)。最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」まで後3ヶ月!!と楽しみにしてたのが、1年先!!では大違いで、待ちに待っていたファンは残念すぎて悔やみきれません…。尚、シリーズ最終作ハリー・ポッターと死の秘宝前後編2部作については、公開日の移動は今のところ無いとされています(前編2010年11月19日、後編2011年春)。

最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の「オーメン」みたいな予告編が登場!!、新着フォトと合わせて、ご覧下さい!!

http://www.movieweb.com/v/V08G124iklmFUW
ハリー・ポッター」シリーズ第6弾ハリー・ポッターと謎のプリンス」の予告編がついに登場しました!!、この最新作では、ハリーの宿敵である、闇の帝王ヴォルデモート卿出生の謎や、なぜ闇の魔法使いとなったのか?!という、呪われた子どもの生い立ちが描かれるせいか、この予告編の印象はなんだか、悪魔の子を描いたホラー映画の「オーメン」(1976年)みたいです!!、ヴォルデモート卿の少年時代、トム・マールヴォロ・リドルを演じてるのは、ヴォルデモート卿を演じてる俳優レイフ・ファインズの甥っ子ヒーロー・ファインズ・ティフィンです!!、監督デヴィッド・イェーツは、このヴォルデモート卿の親戚?の起用について、単に外見を大人のヴォルデモート卿に似せたいからではなく、母親のマーサ・ファインズ(レイフ・ファインズの妹)も映画監督であるなど、芸能一家の家系に生まれたヒーロー・ファインズ・ティフィンは、幼い頃から演技などに親しみ、その才能を評価したからだと述べています。そんなデヴィッド・イェーツ監督の言葉に嘘のないことは、この予告編だけでも、後に闇の帝王となる少年のダークな雰囲気を、わずか10歳のヒーロー・ファインズ・ティフィンが見事に醸し出したことで証明されていますね。主演のハリー・ポッターのダニエル・ラドクリフだけでなく、ハーマイオニーのエマ・ワトソン、ロン・ウィーズリーのルパート・グリント、そして、ドラコ・マルフォイのトム・フェルトンなど、優れた子役を見出してきたハリー・ポッターシリーズから、このクライマックスに来て、また名子役の誕生となりそうです。尚、さらに成長したティーンエージャーのヴォルデモート卿=トム・リドルを演じるのは、マイケル・ウィンターボトム監督の1997年の問題作ウェルカム・トゥ・サラエボ」に出演していた、フランク・ディランです。この最新作ハリー・ポッターと謎のプリンス」は、日本では11月29日から公開前売り券もとっくに売ってますよ!!
ハリー・ポッターと謎のプリンス-ダニエル・ラドクリフ
ハリー・ポッターと謎のプリンス-ヒーロー・ファインズ・ティフィン
ハリー・ポッターと謎のプリンス-ダンブルドア-2
ハリー・ポッターと謎のプリンス-ダンブルドア

最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」から写真の追加です!!

ハリー・ポッターと謎のプリンス-8
怪しいサイケな3Dメガネの女の子は、そのかわいい口元からして、ルーナ・ラブグッドイヴァナ・リンチですね。彼女のキャラらしい、おふざけな写真ですが、ファンとしては、変なメガネをとって、ちゃんと顔を見せてほしかったかも…。 ↓ ロン・ウィーズリールパート・グリントは、「チェリー・ボム」というインディーズ映画に出演するそうです。週末の夜遊び気分で、飲酒ドラッグ万引き自動車泥棒などをしてしまったティーンエージャーが抜き差しならない状況に追い込まれる作品とのこと。まだ最終巻ハリー・ポッターと死の秘宝」を映画化する前後編の2本が残っているシリーズですが、「ハリ・ポタ卒業後に備え、俳優として、異なった役のキャリアも今のうちに貯えていけるといいですね。最新作ハリー・ポッターと謎のプリンス」は今年11月29日日本公開です。ココココココにも写真があります。
ハリー・ポッターと謎のプリンス-9
ハリー・ポッターと謎のプリンス-10
ハリー・ポッターと謎のプリンス-11

新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」から新しい写真の公開です!!

ハリー・ポッターと謎のプリンス-1
昨日、ココで「エンパイア」最新号の表紙に登場のケンカ後?みたいなダニエル・ラドクリフのハリー・ポッターの写真を紹介しましたが、その「エンパイア」のエクスクルーシブの独占的世界初公開が済み、「USAトゥデイ」ほかのメディアも一斉に、最新作ハリー・ポッターと謎のプリンス」の写真を紹介し始めたので、ご覧下さい。 ↑ ダニエル・ラドクリフエマ・ワトソンの「冬ソナチックな写真では、ダニエル・ラドクリフの髭剃り後もうっすら青く、ふたり共、すっかり大人ですが、ハリーがヒゲを剃る姿は想像できませんね…。 ↓ 下の写真の左にいるオジサンは、監督のデヴィッド・イエーツです。その ↓ 惚れ薬の媚薬を作っているハーマイオニー!!、と、そんな媚薬も出てくる本作では、ロン・ウィーズリージニーとハリーとの関係が急接近など、闇の魔法使いヴォルデモートとの闘いとは別に、ラブ・ストーリーの側面もしっかりと描かれた作品になるとのこと。日本公開は11月29日です。続きを読むの後にも写真をあげてるので、ご覧下さい。本作の写真は、ココココにもあります。
ハリー・ポッターと謎のプリンス-2
ハリー・ポッターと謎のプリンス-3
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2489889&pid=877168681
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の写真はこちら → 

続きを読む