トビー・マグワイアの「スパイダーマン4」と「5」の出演料は52億円!!、しかも朝夜撮影なしの半日労働を半年間だけ!!

トビー・マグワイア-ルビー・スウィートハート
今月初めにココで伝えた、ついに来秋から製作がスタートする「スパイダーマン」シリーズの最新作4」と、同時に連続で撮影される5」で、引き続き、主役のスパイダーマンを演じることになったトビー・マグワイア33歳の出演料が、2本まとめて5,000万ドル=約52億円という破格の金額になりそうなだけでなく、“ファミリー・タイム”という前例のない条項が盛り込まれそうだと、タイムズが伝えました。トビー・マグワイアの出演料2本で5,000万ドル=1本2,500万ドル(26億円)というのは、確かにその金額だけを聞いても驚きですが、ジョニー・デップレオナルド・ディカプリオといったヒーロー・マスクを被らず自分の素顔で映画を大ヒットにできる真のトップ・スターが受け取っている出演料が大体約2,000万ドル前後ですから、トビー・マグワイアは彼らを抜いてハリウッド最高級の出演料のさらに25%増しを受け取る訳です。と、このように説明すれば、どうしてこの話題がニュースになるのか?ほぉ~なるほど…とわかってもらえたでしょうか?、しかし、トビー・マグワイアはさらに、その超最高給の出演料に加え、興行歩合のインセンティヴも受け取る契約をするとのことで、実際に手にする金額は、さらに高額となります。トビー・マグワイアが何%のインセンティヴを受け取るのか?は明らかになっていませんが、「スパイダーマン3」はアメリカ国内だけで、3億ドル(約311億円)以上を売り上げていますから、単純に1%でも3億円以上にはなります。また、「スパイダーマン」シリーズを製作し、トビー・マグワイアに破格のギャラを与えるソニー・ピクチャーズは、同社が製作を予定しているスパイ映画エドウィン・A・ソルト」の主演に内定していたトム・クルーズが要求してきた2,200万ドルのギャラをはねつけ、トム・クルーズを降板させていますから、それと比べても、この「スパイダーマンシリーズでのトビー・マグワイアが、いかに特別扱いの厚待遇を受けているかがわかります。その上、前述の“ファミリー・タイム”という、過去のハリウッド映画の出演契約でも、ほとんど前例のない条項を、トビー・マグワイアはソニー・ピクチャーズに要求しています。それは、の写真でトビー・マグワイアが可愛がっている、間もなく2歳になるルビー・スウィートハートちゃんだなんて、親バカな名前をつけてしまった愛娘と遊ぶ家族の時間を保証してほしいというもので、具体的には、早朝と夜間の撮影にトビー・マグワイアは出演しないというものです。そのため、監督サム・ライミは、トビー・マグワイアのスパイダーマンの出演場面は連日、日中の昼間だけしか撮影できないことになります。また、トビー・マグワイアは、「4」と「5」の2本まとめての撮影期間を6ヶ月以内に終わらせることも要求しています。以上をまとめると、トビー・マグワイアは、2009年の秋から始まる新作スパイダーマン2本の残業なしの撮影に、昼間は出勤し、朝と夜はルビー・スウィートハートちゃんと遊ぶという楽しい生活を半年間続ければ、まず約52億円を受け取ることができ、その後の生活では、丸1日でも好きなだけルビー・スウィートハートちゃんと遊んでいるだけで、2011年には「スパイダーマン4」でン億円、さらに2012年には「スパイダーマン5」でもン億円数年に渡り大金が転がり込んでくることになります。この羨ましいを通り越して下手するとアタマに来てしまうようなトビー・マグワイアのラクチンな儲けぶりに、口の悪い映画メディアは、“スパイダーマンは世界で最も割りのいいノー残業短期パート”と罵ったりしています。しかし、すでに「スパイダーマン3」(2007年)で儲けすぎたせいで、同業者から疎まれ仕事のオファーがロクに来ないと言われているトビー・マグワイアや、そういった周囲からの疎外感により、極度のウツ病を患うことになってしまったらしい、スパイダーマンの恋人メリー・ジェーンを演じてるキルスティン・ダンストらは、とにかく、この「スパイダーマンシリーズで稼いでおかなければ、この先、俳優としての将来がまともにあるか?疑問なので、勝ち逃げ的にガメツクなっても仕方がないでしょう…タイムズ2、3日中には、キルスティン・ダンストも出演契約を結ぶことになると伝えていますが、いくらのギャラを受け取るのか?までは書いてはいません。ちなみに、トビー・マグワイアが、最初に「スパイダーマン」(2002年)に出た時のギャラは400万ドル=約4億円でした。
※ 「商業サイト」への文章の盗用・無断転載厳禁。引用される場合はリンクを張ってください。

最新作「スパイダーマン4」と「スパイダーマン5」の2009年秋撮影スタートが決定!!、悪役はトカゲ男のリザード?!

スパイダーマン-トビー・マグワイア-キルスティン・ダンスト
昨日、ココで「ゴーストバスターズ」(1984年)の25年ぶりの復活が半ばなし崩し的に明らかとされたソニー・ピクチャーズが、すでにエキストラの出演権などをチャリティ・オークション競売している(ココ)、同社の看板映画スパイダーマン」の最新作となる第4弾スパイダーマン4」の撮影2009年秋から行なうと明らかにしたばかりか、同時に「スパイダーマン5も撮影することがわかりました。気になる監督とキャストですが、ひと事で言えば、何の変化も無しです。「スパイダーマン3」(2007年)をめぐり、ソニー・ピクチャーズとの間で確執があったと噂され、以後の「スパイダーマン」シリーズは製作者としてだけ関わり、監督はもう降りると高々と自分で宣言したサム・ライミが、前言撤回で舞い戻ることになりました。サム・ライミ監督と、主演のスパイダーマンこと、トビー・マグワイアはすでに、それぞれがソニー・ピクチャーズとの間で、シリーズの追加分4」「5」に関しての契約を交わしたとのことです。スパイダーマンの恋人メリー・ジェーンキルスティン・ダンストは、まだ契約を交わしていませんが、出演はほぼ決定的だそうです。注目される悪役についてはハッキリ明かされていませんが、「すでに皆さんご存知ですよそのご存知の人が悪役になります」とだけ、ヒントが与えられています。その言葉からの推測として、「2」(2004年)と「3」に出演したディラン・ベイカー(↓)のカート・コナーズ博士が、爬虫類のモンスターリザード(↓)に変身するものと見られています。カート・コナーズ博士は、「2」では悪役のオットー・オクタヴィアス(アルフレッド・モリーナ)の親友だった人で、「3」ではヴェノムの正体を分析するなど、ピーター・パーカーの味方だったキャラクターです。すでにシリーズに登場の人物から悪役を探すとなると、「2」で、スパイダーマンから恋人メリー・ジェーンを奪いかけていたダニエル・ギリス宇宙飛行士ジョン・ジェイムソン狼男マンウルフに変身の可能性もあるのですが、ダニエル・ギリスでは、本人の俳優としてのキャリアから見て、「スパイダーマン」シリーズの悪役には力不足ではないか?!(日本映画に出てますから…)と考えられ、ディラン・ベイカーのリザードが最有力視されています。しかしながら、シリーズ復活で「4」と「5」を同時撮影するのには、製作費節約の目的が当然、大きい訳ですが、ジェームズ・ヴァンダービルト(「ゾディアック」2006年)の書いた脚本が、映画2本にまたがる連続ストーリー的なものだからという理由もあるようなので、「3」でサンドマンとヴェノムという2人(2体?)の悪役が出てきたように、もしかすると「4」「5」もダブル悪役なのかもしれません。ともあれ、撮影開始まで、まだ1年もあり、仮に新たに別の悪役を製作者らが考えていたとしても、現時点でネタを明かしてしまう訳にはいかないでしょうから、続報に期待したいと思います。しかし、本来なら、こうした大ヒット・シリーズの続編製作決定はよろこぶべきことでしょうが、ソニー・ピクチャーズは、多くのファンが「スパイダーマン3」を失敗作と見なし、監督交代・キャスト見直しを望む声を完全に無視した形でのシリーズ継続なので、それらをキチンと思慮した上での判断なのか?、それとも単にアホのひとつ覚えか?、「スパイダーマン4の仕上がりが期待されます。と言っても、失敗しても、同時に5も撮っちゃう訳だから、取り返しはつかないですけどね…。また、ソニー・ピクチャーズの方針としては、歴史的大ヒットバットマン最新作ダークナイト」(必見公開中)のリアリティ重視のヒーロー映画スタイルには影響されず、「スパイダーマン」シリーズは従来通りのトーンで行くとのこと。言葉を変えれば、変わり栄えしない映画ですよと言う意味にもなり、新鮮な期待を大きくはかけないでくださいねと言っちゃったも同然なのですが…。最新作スパイダーマン4」は2011年の、たぶん5月あたりに全米公開予定です。
スパイダーマン4-ディラン・ベイカー-リザード

最新作「スパイダーマン4」に出演するVIPの権利をソニー・ピクチャーズがネット・オークションで競売中!!

スパイダーマン4-オークション
正式には製作発表なども行なわれていないスパイダーマン」シリーズの最新作スパイダーマン4」の撮影現場を訪ね、エキストラとして出演するなどのVIP特典を盛り込んだ権利を、同シリーズを製作するソニー・ピクチャーズが、ネット・オークションeBay(Eベイ)に出品しました。これでまたソニー・ピクチャーズが確実に「スパイダーマン4」を製作する状況証拠がまたひとつ増えましたが、同新作は脚本も未完成と言われており、キャストも決まっておらず、と言うことは、当然、撮影の予定などもまるで見当がつかないことから、それをネット・オークションで販売するのは先走りすぎでは?!といった意見も出ています。しかしながら、現在のところ、5,000ドル(約55万円)のがつけられている、この競売品は、スタンド・アップ・トゥ・キャンサー(Stand Up To Cancer)という、癌撲滅研究の資金として、落札金は寄付されるチャリティで、ソニー・ピクチャーズがこれで儲ける訳ではなく、むしろ、持ち出すことになり、企業として社会貢献する努力なので、賞賛こそすれ否定はできません。この「スパイダーマン4」のVIPになれる権利の主な特典は以下の通り。アナタならいくらで落札したいですか?!落札したい方はコチラでどーぞッ!!
〇「スパイダーマン4撮影1日見学
  撮影場所・日時は後日当社指定。
出演者との1時間の歓談
  出演者は未定。その時の撮影状況により調整の可能性あり。
エキストラとして映画に出演
  役柄および、映画に登場する時間の長さは当社で決定。
ニューヨークでのプレミア上映会に招待
  プレミア上映会場は随時変更の可能性あり。
プレミア上映で着るスターに負けないブランドもの豪華衣装進呈
  ブランド、デザイナーは当社で決定。
プレミア上映でスターのようにレッドカーペットを歩いて華々しく入場
 する人生の晴れ舞台の権利!!

※上記に関して、移動の交通費宿泊費などは本人自己負担

「スパイダーマン4」を2011年5月公開とソニー・ピクチャーズが確約!!

スパイダーマン
スパイダーマン」シリーズのプロデューサーローラ・ジスキンが、最新作スパイダーマン4」を2011年5月に公開することを、アメリカでは昨日となる木曜日(19日)に、カリフォルニアとネヴァダの映画館主らに対し、約束したことを、ロサンゼルス・タイムズが伝えました。ローラ・ジスキンによると、ジェームス・ヴァンダービルトが執筆中の脚本はまだ完成していないものの、ソニー・ピクチャーズは2011年までの3年間の間に、「スパイダーマン4を完成させられる希望的観測と語ったそうです。出演者や監督については言及されていませんが、ソニー・ピクチャーズのパブリシストが以前、言っていた通り、スパイダーマンをトビー・マグワイアから別の俳優に変えるつもりはなさそうだと、以前のオールキャスト入れ替えの憶測は消えつつあります。となると、監督も、すでに復帰を希望しているサム・ライミがまたメガホンを取ることになるのかもしれません。加えて、シリーズで新聞社の編集長ジェイムソンを演じてるJ・K・シモンズも、すでに彼のエージェントに対し、ソニー・ピクチャーズから「スパイダーマン4」の出演依頼があったことをマスコミに明かし、彼は「サム・ライミが監督なら出演する」と返答したそうです。いよいよ、これで「スパイダーマン4の製作は決定と言っても、差し支えない段階に来たと思うのですが、予定の2011年には、ギレルモ・デル・トロ監督の「ロード・オブ・ザ・リング」のプリクエール「ホビット」のほか、「トランスフォーマー3」、「バットマン3」も予定されているため、今年の夏のようなヒーロー・アクションの大作がひしめく、豪華な映画の当り年となることが予想されており、スパイダーマンもクモの糸を切られて墜落しないように奮起しなければなりませんッ!!

「スパイダーマン」とは訣別したはずのサム・ライミ監督が、新作「4」の監督に名乗り出た?!

スパイダーマン
スパイダーマン3」(2007年)に関して、製作ソニー・ピクチャーズ(以下、ソニピ)との間に意見の相違があったと伝えられ、その後、「スパイダーマン4」は脚本・監督ともに関与せず製作者のひとりとして見守りたいと、事実上のシリーズへの訣別宣言をしたはずのサム・ライミ監督が、最近、複数の映画サイトなどに対し、「ソニピがスパイダーマン4の監督に自分を起用してくれることを希望する」と、監督復帰を求めるアピール、あるいはキャンペーン?ともとれる発言を行なっています。
プロポーズを受けているソニピは、「スパイダーマンシリーズ新作を作りたいことは公表していますが、具体的な製作発表はしていません。しかし、マーベル・コミックとの間で映画化権の更新を行い、その際、マーベルの副社長が、ソニピの秘めたるプラン?を漏らしたことは、ココでお伝えしました。その後、それに続く形で、ソニピの新スパイダーマン候補の俳優リストのウワサ(ココ)が、ネットに広まり、ソニピのパブリシストスティーヴ・エルザーが、映画の製作発表もまだなのに、「スパイダーマンは引き続きトビー・マグワイアで決まっている!!」との爆弾発言もありましたね。そういった事実の積み重ねから……、

続きを読む