1月26日の映画ティドビッツよせあつめニュース!!

M・ナイト・シャマラン-アバター-伝説の少年アン-1M・ナイト・シャマラン-アバター-伝説の少年アン-2
タイラー・ペリー製作/タイラー・ペリー原作/タイラー・ペリー脚本/タイラー・ペリー監督/タイラー・ペリー主演の「タイラー・ペリーの…」と、とにかく、自分の名前を連呼しなければ気がすまないタイラー・ペリーと、その自己陶酔の度合いにかけて、全米№1オナニストの座を争っている現代のエド・ウッド=M・ナイト・シャマラン監督が、これまでのホラー映画風コメディ映画の路線から一転、ヒーロー・アドベンチャー映画に切りかえた、パラマウント映画の最新作「アバター/伝説の少年アン」がリリースしたキャラクター・ポスター!!、ニコロデオンの同名人気アニメを実写映画化した本作で、主人公の伝説の少年アンを演じているのは、左のポスターの新人ノア・リンガー君12歳。右は「スラムドッグ・ミリオネア」(2008年)のデヴ・パテルです。M・ナイト・シャマラン監督が、さすがに自分のオリジナルの原作ではないので、“M・ナイト・シャマランの…”と、タイトルに自分の名前を冠することができず、自己陶酔できない「アバター/伝説の少年アン」は今夏7月2日全米公開!!
同じ週末に、後で出てくるヴァンパイア・メロドラマ「トワイライト・サーガ/エクリプス」も登場するので、M・ナイト・シャマラン監督がこの最新作で、別の「アバター」のように興行ランキングの第1位を獲れる望みはなさそうです…。
関連記事
M・ナイト・シャマラン監督が人気アニメを映画化した最新作のヒーロー映画「アバター/伝説の少年アン」が予告編を初公開!!(09.06.23)
M・ナイト・シャマラン監督の最新作「アバター/伝説の少年アン」が、悪役の火の国の王子デヴ・パテルの写真をリリース!!(09.05.27)
M・ナイト・シャマラン監督のヒーロー映画「アバター/伝説の少年アン」が主人公に大抜擢した謎の少年ノア・リンガーの写真を初公開!!(09.05.22)
それではまた、いろんな映画の話題をまとめて、ど~ぞッ!! → 


マチェーテ-ロバート・ロドリゲス
敏腕映画ジャーナリストのニッキ・フィンケ女史によれば、ロバート・ロドリゲス監督が「グラインド・ハウス」(2007年)のために製作したウソの予告編が真になってしまった最新作「マチェーテ」の北米配給権をめぐって、ソニー・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース、パラマウント映画、20世紀FOX、ライオンズゲート、そして、「グラインド・ハウス」の失敗で会社が傾いたワインスタイン・カンパニーの計6社が争奪戦をくり広げた挙げ句、金のなる木映画「アバター」でウハウハの20世紀FOXが約900万ドルを支払うことに同意し、勝ち名乗りをあげた…ッ!!とのことです。あらかじめソニー・ピクチャーズに国際配給権を売却して得た約2,000万ドルなどを元手に、ロバート・ロドリゲス監督が自主製作した「マチェーテ」の国内配給権を取得するのに、350万ドルしか用意できなかったワインスタイン・カンパニーは、このコンペのためにロバート・ロドリゲス監督が観せた同映画の30分弱のダイジェスト映像のデキが悪かった…と、「マチェーテ」はつまらない…と悔しまぎれのコメントを発しています(笑)。20世紀FOXは、すでにロバート・ロドリゲス監督と組んで、同社の大ヒットSFアクション映画シリーズを復活させる「プレデターズ」を製作中なので、両者の提携関係がこれでより深まったことになります。
「マチェーテ」の出演者は、タイトル・ロールは当然、ダニー・トレホのほか、スティーヴン・セガール、ジェシカ・アルバ、リンジー・ローハン、ドン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、そして、ロバート・デ・ニーロという、呆れてしまうようなメチャクチャなキャスティング!!、つまらないはずがありません…!!
関連記事
ロバート・ロドリゲス監督が「グラインド・ハウス」のデッチあげ予告編をホントに映画化する最新作「マチェーテ」撮影現場のスパイ・フォト!!(09.08.22)
ライアン・レイノルズ-ベリード
先週末(22日)に紹介した、ライアン・レイノルズがイラクで拉致され、棺おけで生き埋めにされるスリラー映画「ベリード」の配給権を、ライオンズゲートが400万ドル弱で買い取った…!!と、DEADLINE のマイク・フレミングをはじめ、主要映画メディアが伝えました。スペインのロドリゴ・コルテス監督がわずか17日間で撮りあげた本作は、上映時間の94分間のほぼ全編が棺おけの中だけで展開されるという、映画の実験に取り組んだ異色のインディーズ映画。サンダンス映画祭で先週末23日(土)に行われたプレミア上映での反応は絶賛に次ぐ絶賛で、“信じられない映画!!”と評され、早くも今年の同映画祭のBEST1ムービーにあげられています!!、20世紀FOXと競り勝ち、驚嘆に値する注目作「ベリード」を手に入れたライオンズゲートは早速、年内中にも全米公開する予定とのこと。
グレムリン-ジョー・ダンテ
3D映画の専門サイト Market Saw のライター、ジムが、スピルバーグ製作/ジョー・ダンテ監督の大ヒット作「グレムリン」(1984年)の20年ぶり復活となる第3弾がデジタル3D映画として企画されているとスクープ!!、もし本当なら、CGのモグワイたちが登場するはず。しかし、ジョー・ダンテ監督は昨2009年4月に、ナンでもカンでもリメイクや続編が作られるのだから、「グレムリン3」が作られる可能性はあるだろうが、「グレムリン2 新・種・誕・生」(1990年)で失敗した自分に声がかかることはないだろう…と、常にウワサにあがる「グレムリン3」への関与を否定している。 Market Saw の今回のスクープにも今のところ、何の根拠も具体性なく、誰も信じていない…。


いよいよクライマックのシーズン6を迎えるカルト人気のテレビシリーズ「LOST」の奇妙な物語の発端であるオーシャニック航空815便の墜落の前後を、24時間闘えるジャック・バウアー風に時系列にそって、機内の登場人物たちと、その他のキャラクターが何をしていたのか?!、一部始終を同時進行で観せてくれている動画!!、シーズン5まで全部観ていない人には当然、ネタバレ満載!!
トワイライト-サーガ-エクリプス
カルト映画の大傑作「裸のランチ」(1991年)や、近年の「ヒストリー・オブ・バイオレンス」(2005年)、「イースタン・プロミス」(2007年)など、デヴィッド・クローネンバーグ監督との名コンビのほか、「ロード・オブ・ザ・リング」トリロジーの作曲でしられる映画音楽家ハワード・ショアが、ヴァンパイアの青春メロドラマ「トワイライト・サーガ」の第3弾「エクリプス」の音楽を担当することになった!!と、MovieScore Magazine が独占レポートした。シリーズの第1弾(2008年)の音楽を担当したのは、コーエン兄弟監督の映画で知られるカーター・バーウェル。続編「ニュームーン」(2009年)を作曲したのは、監督のクリス・ワイツの前作「ライラの冒険/ニュー・ライン・シネマ倒産の羅針盤」(2007年)を作曲したアレクサンドル・デプラだった。ヴァンパイアのメロドラマなんて、まったくサイテーで、観る価値がないと断言したアンチ「トワイライト」派のデイヴィッド・スレイド監督がメガホンをとる第3弾「エクリプス」は今夏6月30日全米公開!!、ちなみに、シリーズ最終章「ブレイキング・ドーン」は、その変態すぎる内容からして、デヴィッド・クローネンバーグ監督にはピッタリの原作と言われている。ハワード・ショアが、クローネンバーグ監督を「トワイライト」に誘ってくれるとは思えませんが…。
ドクター・ワトソンAKAジュード・ロウ独裁者アミン大統領AKAフォレスト・ウィテカーが、ローンの支払いが滞った顧客の体から、商品の人工臓器を無理やり回収して取り立てる、ゴアでブラックなSFスリラー「レポマン」(ココに予告編)がリリースした、自慢の人工臓器を紹介したポスター!!
レポマン-2
レポマン-3
レポマン-4
上 ↑ から順番に、心臓は97万5,000ドル(約8,802万円)、肝臓は75万6,000ドル(約6,825万円)、腎臓は52万4,000ドル(約4,724万円)、で、下 ↓ のポスターのように、眼球=34万5,000ドル(約3,115万円)まで含めて全部を体に埋め込めば、その総額は260万ドル!!(約2億3,438万円)、もしも、この映画のような未来が到来したら、きっと国民健康保険なんかで人工臓器は買えないと思うので(その前に保険制度が崩壊してる…?)、全額実費の自己負担になるのでしょうが、まさか一度、体にはめた臓器を奪い取るなどできるはずもなく、きっと全額前払いに…!!、金持ちばかりが生き残ることになります…!!
レポマン-1
最新作の「クロエ」(3月アメリカ限定公開)で、すっぽんぽんのアマンダ・セーフリードは環境のためにできることとして、1台の車に複数のご近所さんが相乗りし、一緒に通勤したりするカープールをお薦め。だって、カンタンじゃん!!とのこと。いつもかわいいケルシーは、スタバに行くときは使い捨てのカップを消費しないように、マイ・マグを持っていってね!!とのこと。ケルシーて誰やねん?!と言われそうなので、注釈をつけると「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで人気のオレーシャ・ルーリンちゃんです!!
http://c.brightcove.com/services/viewer/federated_f8/1659835044
最後に…、インターネットの情報がすべて無料の時代が終焉の兆しを見せはじめた昨今、このブログが生き残れるように応援してくれるという方に限り、購読カンパは引き続き募集中!!、月に300円程度ならいいよ!!という気前のいい方は、右→のサイドバーの購読ボタンから PayPal にアクセスしてください!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告