ゴールデングローブ賞で偉大な映画人に贈られるセシル・B・デミル賞を受賞したマーティン・スコセッシ監督が訴えた大切なメッセージ!!

マーティン・スコセッシ-セシル・B・デミル賞
レーガン大統領の暗殺未遂事件が現実に起きてしまったほど、世の中に強烈なインパクトを与えた問題作「タクシードライバー」(1976年)で、狂気にかられていく主人公のトラヴィスを演じたのをはじめ、「レイジング・ブル」(1980年)や、「カジノ」(1995年)など、共に映画人生を歩んできたロバート・デ・ニーロの紹介コメントによれば、“マーティは映画を食って、映画を呑み、映画と寝てるような野郎だッ!!”とのことで、“小耳にはさんだんだけど、インターネットに、マーティが映画とセックスしてる動画がアゲられちゃってるらしいね…ッ!!”だそうです…!!
   → 



他の候補者と争う賞ではないので、第67回ゴールデングローブ賞の受賞者リストの記事には、あえて入れませんでしたが、映画とセックス中毒?!のマーティこと、マーティン・スコセッシ監督に、セシル・B・デミル生涯功労賞が贈られました。昨2009年はスティーヴン・スピルバーグ監督が受賞した同賞は、1913年から映画製作を始め、ハリウッドの映画ビジネスを立ち上げた、「平原児」(1937年)や、「地上最大のショウ」(1952年)などで知られる映画の父の大監督セシル・B・デミルにちなみ、映画界に多大な貢献を果たした偉人に与えられる賞です。
映画人生初期からの相棒ロバート・デ・ニーロと、デ・ニーロから相棒役を引き継いで、「ギャング・オブ・ニューヨーク」(2002年)、「アビエイター」(2004年)、そして、アカデミー賞最優秀作品賞受賞作「ディパーテッド」(2006年)に主演したレオナルド・ディカプリオから、名誉の賞を渡されたマーティン・スコセッシ監督は、“映画を後世に残し、伝えていくことは、映画を作ることと同じぐらい大切なことだ…”と語り、ゴールデングローブ賞を主催し、映画の保存事業に多額の寄付を行っているハリウッド外国人映画記者協会への感謝のスピーチを述べました。
マーティン・スコセッシ監督は、賞に名を冠されたセシル・B・デミル監督をはじめ、アルフレッド・ヒッチコック監督、スタンリー・キューブリック監督、ジョン・フォード監督、イングマル・ベルイマン監督、また、自分が俳優として作品に出演し、一緒に映画を作ることができた黒澤明監督らの名前をあげ、大勢のセレブやスターに向かって“自分たちが今夜、ここに集えたのは、そうした先人たちの偉大な足跡のおかげだ…”と、ふだん忘れられがちなことをあらためて訴えました。
上 ↑ の動画では、マーティン・スコセッシ監督がいかに優れた映画作家を語るプレゼンターのレオのコメントから、スコセッシ監督の数々の名作のモンタージュ、そして、前述のようなマーティン・スコセッシ監督のスピーチが網羅されています。
映画はデジタル化され、その保存はかつてほど難しくはなくなりましたが、マーティン・スコセッシ監督がハタと気づかせてくれたように、古い名作映画を振りかえる機会は、以前より、むしろ減ったような気がします…。
これまでの映画の定義や概念を覆す、映画の新時代の幕開けを告げたジェームズ・キャメロン監督の映像革命作「アバター」が作品賞を受賞したゴールデングローブ賞で、マーティン・スコセッシ監督が古い映画を観直して守ろう…と言ったことは、映画の歴史において、意味深い出来事だったのかもしれません…。
そのスピーチ通りに、映画作りと並行して、映画の保存事業に取り組んできたマーティン・スコセッシ監督が、レオナルド・ディカプリオとのコンビの新境地を切り拓いた、最新作のホラー・スリラー「シャッターアイランド」は、来月2月19日から全米公開!!、日本では4月から上映の予定です…!!
関連記事
巨匠マーティン・スコセッシ監督がハロウィンにお薦めするホラー映画の大傑作11本と、最新作「シャッターアイランド」の新しい予告編!!(09.10.31)
レオナルド・ディカプリオのホラー・ミステリー「シャッターアイランド」が、延期された本来の公開日に新しい予告編をリリース!!(09.10.04)
レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督のサイコ・スリラー「シャッターアイランド」が公開延期で、映画墓場送り決定…ッ?!(09.08.22)
レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督の最新サスペンス「シャッターアイランド」がドイツでスケアリーなポスターを初公開!!(09.03.28)
マーティン・スコセッシ監督のレオナルド・ディカプリオ主演のサスペンス映画「シャッター・アイランド」の絵コンテ!!(09.03.14)
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!