大ヒット「アバター」のジェームズ・キャメロン監督がSFアクション映画の集大成を目指す最新作「レーザー・キャッツ5」の動画を初公開!!

ジェームズ・キャメロン-レーザー・キャッツ5-SNL
アメリカでは昨夜となる17日(日)のゴールデングローブ賞で、今となってはカルト映画の「ストレンジ・デイズ」(1995年)を一緒に作った元妻の強敵キャスリン・ビグロー監督の戦場映画の大傑作「ザ・ハートロッカー」(3月6日公開)をおさえて、「アバター」で作品賞と監督賞の2冠を獲得し、オスカー獲りに弾みをつけたジェームズ・キャメロン監督が、自らのSFアクション映画の集大成となる最新作のプロジェクトを明らかにしました…ッ!! → 


http://cdn.springboard.gorillanation.com/storage/xplayer/yo033.swf
…と言うのは、シガーニー・ウィーヴァーがホストをつとめた先週末の土曜日(16日)に放送されたNBCの長寿コメディ番組「サタデーナイト・ライヴ」の中でのジョークのこと。オフィスの壁にかかっているポスターの死ぬほど笑えるコメディ映画の名作「サボテン・ブラザース」(1986年)や、サラ・ペイリンが主演した最近の「ベイビーママ」(2008年)といった大ヒット映画のプロデューサーでもある、番組の製作者ローン・マイケルズのもとを訪れたジェームズ・キャメロン監督が、すでに着手した最新作のSFアクション「レーザー・キャッツ5」の売り込みを始め、披露してくれたビデオの内容とは…、
3023年の未来に起こった核戦争で、放射能に汚染された猫たちが口からレーザー光線を発射するクリーチャーに生まれ変わった…ッ!!、その恐ろしいレーザー・キャッツの誕生をなかったことにするため、さらに未来からビル・ヘイダーとアンディ・サンバーグのドジな戦士たちが送りこまれるが、やっぱり、頼りにはなりません…ッ!!、しかし、危機一髪のふたりを助けにやって来てくれたのは…、元祖“戦うヒロイン”のあの彼女だった…ッ!!
「エイリアン2」(1986年)と「アバター」(2009年)でコンビを組んだシガーニー・ウィーヴァーのために、ジェームズ・キャメロン監督が自分の代表作のパロディを網羅してくれた最新作「レーザー・キャッツ5」も、きっとメガヒットは間違いなしッ!!のはずですが、ローン・マイケルズはそうは思わなかったようですね…ッ!!
どのギャグが、何の映画のパロディかは説明いらずだと思いますが、「レーザ・キャッツ5」の“5”は、次に「ターミネーター」シリーズの続編が作られたら、5作めになるので、“5”ということなんでしょうか…?!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告