1月8日~10日の全米映画ボックスオフィスBEST10の興行レポート!!

ユース・イン・リボルト-スティーヴ・ブシェミ
昨2009年は、全米映画興行の年間を通しての売上げ総額が史上初めて、100億ドルを突破した(約105億9,310万ドル)、まさに映画ビジネスの当たり年だったわけですが、ニューイヤーのホリデイが終わった新年2週めは、日本で言う三が日にあたった先週の前回(1日~3日)から、全体で約30%マイナスの収入減となってしまいました。しかし、絶好調の昨年同時期と比べれば、むしろ約18%の売上げアップとなっており、今年2010年もまた、もしかして100億ドルを突破しちゃう…ッ?!という期待に満ちた、映画界にとっては幸先のいいスタート・ダッシュの状態が続いています!!、その好調がひとえに、「アバター」の連続4週第1位の快記録に現れているのは言うまでもありません…ッ!! → 

続きを読む

広告

1月8日~1月10日の全米映画ボックスオフィスBEST10!!

「アバター」が4週連続の第1位を達成!!
「ダークナイト」の記録に並んだのだが…、

アバター-ジェームズ・キャメロン-シガーニー・ウィーヴァー
*数字は、週末の興行成績-(公開館数)-トータル興行成績 の順です。
 第1位    第2位     第3位    第4位(初)  第5位
全米映画興行ランキング-第1位~第5位
第1位アバター」(大ヒット公開中)
   $48,500,000-(3,422館)-$429,040,000
第2位シャーロック・ホームズ」(3月12日公開)
   $16,610,000-(3,626館)-$165,178,000
第3位アルビン/歌うシマリス3兄弟 2
   $16,300,000-(3,641館)-$178,184,000
第4位デイブレーカーズ
   $15,000,000-(2,523館)-$15,000,000
第5位イッツ・コンプリケイテッド」(2月19日公開)
   $11,007,000-(2,955館)-$76,370,000
 第6位(初)  第7位    第8位    第9位(初)  第10位     
全米映画興行ランキング-第6位~第10位
第6位リープ・イヤー
   $9,165,000-(2,511館)-$9,165,000
第7位ザ・ブラインド・サイド
   $7,750,000-(2,880館)-$219,197,000
第8位アップ・イン・ジ・エアー」(3月20日公開)
   $7,100,000-(2,218館)-$54,700,000
第9位ユース・イン・リボルト
   $7,000,000-(1,873館)-$7,000,000
第10位プリンセスと魔法のキス」(3月6日公開)
   $4,700,000-(2,620館)-$92,600,000
今回の解説も別記事として、コチラですッ!!