名匠ハワード・ホークス監督のSFホラーの古典「遊星よりの物体X」を、ジョン・カーペンター監督がリメイクした「遊星からの物体X」の前日譚を描く、新たな「遊星からの物体X」の撮影が今春3月からスタート!!

遊星からの物体X-ジョン・カーペンター
グレッグ・キニアが自動車のワイパーの発明に人生を翻弄された実在の大学教授ロバート・カーンズに扮した「フラッシュ・オブ・ジーニアス」(2008年/邦題「幸せのきずな」)で映画監督デビューを果たした、「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004年)のプロデューサー、マーク・エイブラハムが、新しい「遊星からの物体X」を作るよ…ッ!!というニュースを、ぼくが最初にお伝えしたのは、おととし2008年9月でしたから、まさにようやく撮影にこぎつけた…ッ!!といった感じですね…ッ!!
   → 


新作映画やテレビドラマの製作ニュースを伝えるプロダクション・ウィークリーがつぶやいたところによれば、ユニバーサル映画が製作する新作の「遊星からの物体X」の撮影が、ついに今春3月からカナダのトロントでスタートし、6月までの約3ヵ月間にわたって、カメラがまわされることになる…ッ!!とのことです。
この新作の「遊星からの物体X」は、見出しのタイトルに冗談で長ったらしく書いてみたように、ハワード・ホークス監督の古典SFホラー「遊星よりの物体X」(1951年/実際は監督としてクリスティアン・ナイビイがクレジットされているが、そんなこと、もう誰も信じていない…)を、ホラー映画のカリスマ=ジョン・カーペンター監督が相棒のカート・ラッセルを主演にリメイクした「遊星からの物体X」のオープニングに登場したノルウェー隊基地が、どのようにして全滅したのか?!、その謎の経緯の一部始終を描くもので、これまでその正体がハッキリとしていない“物体X”のエイリアンが、いったい、どこからやってきた何者なのか?!、全貌が暴かれることになります…ッ!!
このプリクエールとなる最新作「遊星からの物体X」の脚本を執筆したのは、人気SFドラマ「ギャラクティカ」のプロデューサー兼脚本家のクリエイター、ロナルド・D・ムーアで、リメイク版「エルム街の悪夢」(4月3日全米公開)のシナリオを共同で担当した新人のエリク・エスレルがリライトし、完成させました。
監督は、CMディレクター出身のマティス・ヴァン・ヘイニンゲンです。
撮影開始まで残すところ、後2ヶ月少々となれば、すぐにもキャスティングが発表されそうなものですが、スタッフ決定から以後の準備だけでも1年間を費やしている、この新しい「遊星からの物体X」を、ユニバーサル映画は当然、DVDスルーではなく、映画館で公開する本編として製作するつもりなので、どういった顔ぶれの俳優たちが招集されるのか?!、楽しみですね。
ただし、カート・ラッセルの出番はたぶんなさそうな感じですが…、とりあえず、ココで紹介したヘイニンゲン監督のCMを観てもらえば、「遊星からの物体X」への期待を高めずにはいられないはずです…ッ!!
関連記事
27年ぶり復活の「遊星からの物体X」退治にバトルスター・ギャラクティカが発進!!、南極基地の惨事の前日を描く新作のスタッフが決定!!(09.01.29)
SFホラーの古典「遊星からの物体X」のリメイクはプリクエールだ!!、ノルウェー隊全滅の恐怖とエイリアンの正体が暴かれる!!(08.09.14)
「遊星からの物体X」をG.I.ジョーのフィギュアで再現した人形劇!!(08.08.03)
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告