12月31日/大晦日の映画ティドビッツよせあつめニュース!!

ジョージ・クルーニー-UP-in-The-Air-EW
アメリカでは明後日となる2010年元日に書店に並ぶ予定の「エンタテインメント・ウィークリー」が、次回の第82回アカデミー賞を特集した最新号の表紙に、ジェイソン・ライトマン監督の「アップ・イン・ジ・エアー」(2010年3月20日公開)の主演トリオ、ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリックが登場ッ!!
このように次回の“オスカーの顔”となっていることからして、すでに1,000万%ぐらいは絶対…ッ!!と言われている「アップ・イン・ジ・エアー」が最優秀作品賞に輝く可能性が、さらに1億%ぐらいにアップした感じですね…ッ!!
ただし、映画ジャーナリストのクリストファー・タプリーの指摘によれば、やはり、アカデミー賞最優秀作品賞最有力!!と言われ、雑誌の表紙になっていたアン・リー監督の「グリーン・デスティニー」(2000年)は、「グラディエーター」(2000年)のラッセル・クロウに負けちゃってたよ…ッ!!とのこと。果たして、「アップ・イン・ジ・エアー」が主要部門を独占し、まさにその素敵な題名が意味するように“天に昇る”、“有頂天”な気持ちになれるのか?!、賞の行方は“宙に浮いたまま”、まだ誰にも“わかりません”!!、それでは大晦日でみなさんも忙しいと思うので、また色んな映画の話題を一気に見ていきましょう…ッ!! → 


ジェレミー・レナー-ホークアイ-マーベル
多くの映画ジャーナリストが今年2009年の最優秀作品に選び、次回のアカデミー賞で作品賞にノミネートされるのはまちがいなく、男映画の名匠キャスリン・ビグローが女性として初のオスカー監督になるのは決定的と言われている戦場映画「ザ・ハートロッカー」で、戦火のバグダッドを舞台に爆発物の処理に従事するジェームス軍曹を演じて注目されたジェレミー・レナーが今後、マーベルのコミックヒーロー映画で、弓矢を武器に戦うホークアイを演じるのでは…?!というウワサを、Movieline のインタビューで本人が否定。ただし、ヒーロー大集合映画「アベンジャーズ」(2012年5月公開予定)のシナリオを執筆している脚本家のザック・ペンと知り合いであることから、それまで自分は知らなかったキャラクターのホークアイについて、マーベルの関係者と話したことは事実と認めている。
しかし、出演依頼は受けておらず、現時点でホークアイが「マイティ・ソー」(2011年5月公開)や、「アベンジャーズ」の映画に登場するとも決まっていない。
けれど、まぁ、マーベルが人気のジェレミー・レナーをマーベル・ユニバースに引きずり込もうと働きかけているのは明らかで、空席になったままの「アベンジャーズ」のディレクターチェアに座る監督が決まり次第、ジェレミー・レナー=ホークアイの配役が本格的に検討されるのかもしれません。
ジェレミー・レナーはシリーズ最新作「マッドマックス4/フューリー・ロード」の新マッドマックスの候補として、ジョージ・ミラー監督とも会っていましたが、「ザ・ハートロッカー」効果で、オファーが殺到中のようですね…ッ!!
ディズニー-ラプンツェル
フランスの映画マガジン、Studio Cine Live が紹介した、ディズニーのお姫さまアニメ最新作「ラプンツェル」の写真…て言うか、ビジュアル・イメージのスキャン画像!!、グリム童話の「髪長姫」を原作とする「ラプンツェル」は、CGの良さである立体感を活かしながら、その質感に手描きアニメのようなペイントの趣を持たせ、ディズニーのクラシック・アニメならではの雰囲気を最新の技術で再現した、絵画的に美しい映像が注目されている、新世代のCGアニメ映画です!!
お菓子のラプンツェルと引き換えに、魔女の虜にされてしまったヒロイン、ラプンツェルの声を担当しているのは、ニコラス・スパークス原作の切ない初恋を永遠につらぬく青春ラブストーリー「ウォーク・トゥ・リメンバー」(2002年)に主演した、歌手のマンディ・ムーア。王子さまは、「アルビン/歌うシマリス3兄弟 2」が全米大ヒット中のザカリー・レヴィ。人気テレビ・シリーズ「チャック」のチャックですね。
監督は、「ボルト」(2008年)のバイロン・ハワードと、その「ボルト」の番外編のオリジナルDVDアニメ「スーパー・ライノ」(2009年)で監督デビューを果たしたネイサン・グレノ。「ラプンツェル」の全米公開は来年2010年11月24日の予定です。
アカデミー賞-オスカー像 華やかな映画の祭典アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが、次回第82回各賞のノミネートを決める投票用紙を、今週はじめの月曜日(28日)に、5,777名の会員に向け、発送しました。記入された投票用紙は、来月2010年1月23日を〆切に回収され、各賞ノミネートの発表は現地日付けで翌2月2日の予定です。
そして、おっちゃんがガンバッて作ったオスカー像の行方に、全世界が注目する授賞式は、さらに翌月の3月7日(日)。日本では3月8日(月)ですね。
今年のようにまたライブ速報で、各賞の結果をお伝えするつもりなので、お楽しみに…ッ!!
イーグル・オブ・ザ・ナインス-チャニング・テイタム-1
アマンダ・セーフリードと共演した、ニコラス・スパークス原作のお涙ちょうだい映画「ディア、ジョン…」が再来月2010年2月5日から全米で封切られる、G.I.ジョー・コマンダーのデュークこと、チャニング・テイタムの最新主演作「ザ・イーグル・オブ・ザ・ナインス」の写真を、フォーカス・フィーチャーズが初公開しましたッ!!
時は西暦140年頃の2世紀、チャニング・テイタムの扮するローマ軍兵士マーカスは、その当時、ローマ帝国が支配していたスコットランドの山中で消息を絶ってしまった、父の率いるローマ軍第9兵団の行方を追い、その兵団が消えた謎を突き止め、父の名誉を挽回しようとする…ッ!!、監督は、「ラストキング・オブ・スコットランド」(2006年)で有名なスコットランド人のケヴィン・マクドナルドです。
イーグル・オブ・ザ・ナインス-チャニング・テイタム-2
イーグル・オブ・ザ・ナインス-チャニング・テイタム-3
イーグル・オブ・ザ・ナインス-ジェイミー・ベル
チャニング・テイタムの旅の供となるイギリス人の奴隷を、「ジャンパー」(2008年)のジェイミー・ベル(↑)が演じているほか、悪役を演じた「シャーロック・ホームズ」が全米で大ヒット中のマーク・ストロング、名優ドナルド・サザーランド(↓)といった共演者の顔ぶれです。この「ザ・イーグル・オブ・ザ・ナインス」の全米公開は来年2010年中というだけで、日にちはまだ未定です。
イーグル・オブ・ザ・ナインス-ドナルド・サザーランド
映画やテレビドラマの特殊視覚効果を手がけているスターゲート・スタジオが、同社の誇るバーチャル背景技術を紹介したプロモーション・ビデオ!!(↓)
“あなたが目にするものは、けして、あなたが観ているままではない”という題名どおりに、こんなところにまで特撮が…ッ!!という、グリーンスクリーンを使った、とても日常的な風景のSFXシーンが次々と紹介される。大勢のスタッフと出演者がわんさかと屋外の撮影に出かけ、みんなで弁当を食ったりして、楽しい遠足のような“ロケ”が死語となるのは、そう遠くない先のことのように思えます……。


http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2489889&pid=878762762
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告