12月31日/大晦日の映画ティドビッツよせあつめニュース!!

ジョージ・クルーニー-UP-in-The-Air-EW
アメリカでは明後日となる2010年元日に書店に並ぶ予定の「エンタテインメント・ウィークリー」が、次回の第82回アカデミー賞を特集した最新号の表紙に、ジェイソン・ライトマン監督の「アップ・イン・ジ・エアー」(2010年3月20日公開)の主演トリオ、ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリックが登場ッ!!
このように次回の“オスカーの顔”となっていることからして、すでに1,000万%ぐらいは絶対…ッ!!と言われている「アップ・イン・ジ・エアー」が最優秀作品賞に輝く可能性が、さらに1億%ぐらいにアップした感じですね…ッ!!
ただし、映画ジャーナリストのクリストファー・タプリーの指摘によれば、やはり、アカデミー賞最優秀作品賞最有力!!と言われ、雑誌の表紙になっていたアン・リー監督の「グリーン・デスティニー」(2000年)は、「グラディエーター」(2000年)のラッセル・クロウに負けちゃってたよ…ッ!!とのこと。果たして、「アップ・イン・ジ・エアー」が主要部門を独占し、まさにその素敵な題名が意味するように“天に昇る”、“有頂天”な気持ちになれるのか?!、賞の行方は“宙に浮いたまま”、まだ誰にも“わかりません”!!、それでは大晦日でみなさんも忙しいと思うので、また色んな映画の話題を一気に見ていきましょう…ッ!! → 

続きを読む

広告