最終作の前編「ハリー・ポッターと死の秘宝・Part1」はドキュメンタリー・タッチのロードムービー!!、オフィシャル・フォトを初公開です!!

ハリー・ポッターと死の秘宝-トップ
最新作では、ハリーとハーマイオニーが…、裸でしちゃうそうです…ッ!!
   → 


ハリー・ポッターと死の秘宝-1
USATODAY が初公開してくれたシリーズ最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝・Part1」からの記念すべき1枚めの写真です…!!、すでに撮影風景のレポートで、同映画の写真を観たような気になっていましたが、製作・配給のワーナー・ブラザースからリリースされた公式の映画の写真は、これが初めてですッ!!
原作は1冊の「ハリー・ポッターと死の秘宝」を2本の映画に分割した前編となる、このPart1では、闇の魔法使いヴォルデモート卿の魂が納められたホークラックス(分霊箱)のありかを求めて、ハリーとロン、そして、ハーマイオニーの主役トリオたちは、ご覧のような極めてフツーの服装で旅に出ることになり、USATODAY のクラウディア・プイグ記者の取材に応じた監督のデヴィッド・イェーツによれば…、
とてもリアルな作品になるだろう。新作はシネマ・ヴェリテのスタイルで撮影しているんだ。ハリーたち3人は自分たちを守ってくれるホグワーツの魔法の世界を離れ、あたかも追われる難民のように現実の様々な危険と遭遇することになる…。彼らには泊まれる家さえないんだ。
…とのことで、ロン・ウィーズリーを演じるルパート・グリントは、“みんな、パラノイアみたいになっちゃうんだ…!!”と、デヴィッド・イェーツ監督の言葉を補い、3人の旅が現実のトラブルだけでなく、デス・イーターの死喰い人にもつけ狙われるなど、「ハリー・ポッターと死の秘宝・Part1」が、かなり波乱万丈なロード・ムービーに仕上がることをほのめかしています。
それにしても、シネマ・ヴェリテ・スタイルということは…、まぁ、ひと言で言って、ドキュメンタリー・タッチのハリポタが観られるということですから、それはまた、これまでとはひと味違った新鮮なハリー・ポッターの映画の世界観が拓けそうで、期待を高めずにはいられませんね…ッ!!
ところで、シリーズの前作で、今夏の大ヒット作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の本日2日(水曜日)から、ついにリリースされる DVD/Blu-ray のプロモーションとして、VIDEOBUSINESS.Com のインタビューに応えたデヴィッド・イェーツ監督によれば、「ハリー・ポッターと死の秘宝・Part1」のさらなる、とっておきの見せ所として、ヴォルデモート卿のホークラックスによる悪夢の場面で、ハリーが裸になり、ハーマイオニーと抱き合って、ふたりがチュウしちゃうそうです…ッ!!
それでロンが混乱して、旅の途中で仲間割れをしちゃうことになるそうですが…、裸になるのはハリーだけで、エマ・ワトソンは脱がないんでしょうか…ッ?!、ダニエル・ラドクリフの裸は、コレでもう充分です…ッ!!
ハリーたちがマグルの世界で、しっちゃかめっちゃかになるシリーズ最新作にして、最終作の前編「ハリー・ポッターと死の秘宝・Part1」は、ほぼ1年先の来年2010年11月19日に必見の公開!!、なお、「Part2」は再来年2011年7月15日に封切りが予定されています…!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告