吸血鬼の恋愛メロドラマなんて、わざわざ観たいと思わない人のために「トワイライト・サーガ/ニュームーン」を丸ごと人形劇で再現しました!!

トワイライト-ニュームーン-パペット
約1年前の昨2008年12月にご覧いただいた「トワイライト・ザ・パペット・サーガ」も、続編が登場しました…ッ!!、本家の映画「トワイライト・サーガ」より、こっちの方がおもしろい…ッ!!と待ってた方も、もしかしたら、いたかもしれませんね…ッ?!、もちろん、前作同様、オリジナルの映画を結末まで、キッチリと人形劇にしてるので、これから「トワイライト・サーガ/ニュームーン」を観ようと思われてる方は、ネタバレ注意 です…ッ!! → 



前作のパペット版「トワイライト」に引き続き、この「ニュームーン」のパロディ人形劇を作ったのも、“ホラー・カルチャー・アクティヴィスト”として、様々なメディアで活躍しているスプーキーダンさんです。昨年の第1作め「トワイライト」は、シリーズの発端として単純なヴァンパイア・ミーツ・女子高生のストーリーだったため、ダイジェストにしやすかったそうですが、第2章の「ニュームーン」では、イタリアにまで舞台がひろがり、登場キャラクターも増え、人間関係も複雑化したので、テンポよく人形劇に置き換えるのには苦労した…とのことです。
ハードコアなホラー・マニアのスプーキーダンさんにとって、たぶん「トワイライト」シリーズなんて、まるで物足らない映画だろうに、どうして、そんな努力を惜しまず、「ニュームーン」をまた人形劇にしたのか…?!と言うと、前作のパペット版「トワイライト」が、YouTubeでの視聴が70万回を超え、続きを作って…ッ!!という期待のリクエストが膨大に寄せられたからだそうで、大好評につき、未公開シーン??を収録したDVDもリリースするそうです…ッ!!
ジャンル映画のマニアにとっては鼻持ちならない「トワイライト」シリーズですが、“ホラー・カルチャー・アクティヴィスト”スプーキーダンさんのまともなホラーを世間に浸透させるという、まともでない活動の資金作りにひと役買ってくれるのであれば、まんざらでもないでしょう。スプーキーダンさんは、たまに記事を紹介するホラー映画の専門サイト Bloody Disgusting にも寄稿されるなどしています。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告