「トワイライト・サーガ/ニュームーン」のヴァンパイアたちが、コウモリ男を支配下におさめ、映画史上最高の初日売り上げの快記録を達成!!

トワイライトーニュームーン-6
常識では考えられない大赤字の大沈没映画「ライラの冒険/イタリア映画の古典「自転車泥棒」にオマージュを捧げる次回作の小品「ザ・ガーデナー」を作ったら、もう映画監督を引退して、映画界を去り、隠居します…の公約を、お前、絶対に守れよッ!!の羅針盤」(2007年)のポンコツ映画監督クリス・ワイツが、あ~ぁ…、またやっちゃったよ…!!と苦笑されている呆れた最新作「トワイライト・サーガ/ニュームーン」(来週28日公開)が、あろうことか、天才クリストファー・ノーラン監督の大傑作「バットマン/ダークナイト」(2008年)の輝かしい記録を破ってしまいました…ッ!! → 


昨日、ミッドナイト興行で、ライバル?!の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(2009年)が記録した約2,220万ドルを破る快挙の新記録=約2,627万ドルを売り上げてしまった…ッ!!とお伝えした、ヴァンパイアの青春メロドラマ「トワイライト・サーガ/ニュームーン」の初日(20日)の興行成績の結果が発表されました…ッ!!
この「トワイライト」シリーズの成功で大躍進を果たした製作・配給のサミット・エンタテインメントによれば、全米の4,024館が約8,500スクリーンで封切った「黄昏大河物語/新月」の初日売り上げはなんと、驚きのありえない数字=約7,270万ドル!!で、ビリオンダラー・クラブのメガヒット・ムービー「バットマン/ダークナイト」が、その初日となる昨2008年7月18日に、4,366館の約9,300スクリーンで上映の超々拡大公開で記録した映画史上最大の初日売り上げ=約6,716万ドルを凌駕し、前人未到の特大記録を打ち立ててしまいました…ッ!!
トワイライトーニュームーン-7
この続編「ニュームーン」が稼ぎ出した約7,270万ドルというのは、シリーズの前作「トワイライト」(2008年11月21日公開/3,419館)の初日売り上げ=約3,597万ドルを倍の勢いでしのいだどころか、同映画の週末3日間のオープニング成績=約6,963万ドルを、たった1日で追い抜いてしまったことになります…ッ!!
最も当初のオープニング成績の予想金額=約8,500万ドルに早くも近づいた「トワイライト・サーガ/ニュームーン」の期待をはるかに上回る動員数からすれば、本シリーズが従来の女性を主とした観客層のほかに、一般の男性層をも巻き込むことに成功した可能性が高く、また、女性の観客層にしても、これまでよりもさらに低い年齢層(小学生?!)にまで拡大できたらしいことが察せられます。
もはや、オープニング成績が1億ドルを超えるのは確定的な「ニュームーン」ですが、初日新記録に続き、偉大な名作「バットマン/ダークナイト」が保持する映画史上最大のオープニング成績=約1億5,800万ドルまで打破してしまうのか?!
ハリウッドの業界の熱い関心がヴァンパイアたちに集中しています…ッ!!
ブラインド・サイド-サンドラ・ブロックと、さて、その他の新作映画の初日興行成績ですが、ボルチモア・レイモンズのマイケル・オーア選手が親切な白人夫婦によって不遇から救われ、NFLのプロ選手にまでなれた感動の実話を描いた、サンドラ・ブロック主演のハートウォーミング・スポーツ映画「ザ・ブラインド・サイド」を、ワーナー・ブラザースが3,110館の4,100スクリーンで封切った結果は、初日の売り上げが約1,090万ドル!!、先日の新作映画ラインナップの予想では、せいぜい1,600万ドル台のオープニング成績と思われていた本作ですが、それが倍の約3,200万ドルに上方修正されており、どうやら、スマッシュヒットとなりそうです!!
この「ザ・ブラインド・サイド」の映画の格付けサイト RottenTomatoes での総合的な支持率は69%ですが、評論家を除いた一般の支持に限定すると87%にまで上昇するので、今週木曜日(26日)からの感謝祭のホリデイ・ウィークエンドには、口コミでさらなる観客を集めることが期待できそうです…ッ!!
住む家さえなかったクィントン・アーロンのマイケル・オーアを引き取ったサンドラ・ブロックがオバチャンらしく?!練習に乱入して、“チームもあんたのファミリーなんだから、みんなを“私”だと思って(!)、あんたはしっかり、みんなの“ブラインド・サイド”(=死角)をバックアップしなさい!!”と唯我独尊な指導をする場面!!
http://www.traileraddict.com/emd/15630
もう1本の全米拡大公開として、ソニー・ピクチャーズが封切ったスペイン製CGアニメのファミリー映画「プラネット51」(↓)は、3,035館の3,400スクリーンで約315万ドル。オープニング成績の予想は以前の1,200万ドル超と変わりません…。
プラネット51
「フロストVSニクソン」(2008年)の名優マイケル・シーンも大して活躍せず、安っぽく使われてしまった「トワイライト・サーガ/ニュームーン」が、果たして、どれだけ荒稼ぎしてしまうのか?!、結果はもちろん、明日月曜日早朝恒例の全米映画ボックスオフィスBEST10でお伝えするので、お楽しみに…ッ!!
トワイライト-クリステン・スチュワート
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告