11月21日の映画ティドビッツよせあつめニュース!!

アンダーワールド-ケイト・ベッキンセイル
個別の記事にするのがめんどうくさい?!、またはそれほどの価値もない小粒なネタ(=ティドビッツ)をひとまとめにしちゃったニュースの更新です…!!
まずは、吸血鬼と狼男の人気映画の話題ですが、もちろん、「トワイライト・サーガ/ニュームーン」のことではありません…!! → 


吸血鬼と狼男の…と言われれば、「アンダーワールド」シリーズを思い出すのが、まっとうなジャンル映画ファンのあるべき姿ですが、今夏8月にお伝えした同シリーズの最新作「アンダーワールド4/3D」のシナリオを、人気テレビシリーズ「ザ・シールド/ルール無用の警察バッジ」のストーリー・エディターをつとめていた脚本家のジョン・ハラヴィンが執筆する…!!と、 Heat Vision が伝えました!!
ジョン・ハラヴィンによれば、ソニー・ピクチャーズ傘下のスクリーン・ジェムズとレイクショアが製作するシリーズ最新作の内容は、詳しくは明かせないものの、今春封切られた前作「アンダーワールド3/ライズ・オブ・ライカンズ」のような“前日譚ではなく、シリーズの以前からのファンが満足できると共に、新しい観客を魅了するものだ…”とのことですが、これまでと似た物語をくり返すつもりはなく、新たな要素を加えて、「アンダーワールド」ファンが納得のいく方向性での転換を見すえているそうです。シリーズのオリジナル・ヒロイン、ケイト・ベッキンセイル(↑写真)と、前作の新ヒロイン、ローナ・ミトラは共に今のところ、この最新作に出演の予定はなく、また、シリーズを立ち上げたレン・ワイズマン監督はプロデューサーとして名前を連ねていますが、実際にメガホンをとる監督はまだ未定です。
シリーズ最新作「アンダーワールド4/3D」の全米公開は再来年2011年1月21日の予定です。しかし、「アンダーワールド」ファンを納得させて満足させるのには、ケイト・ベッキンセイルが帰ってくるしかなさそうな気もするのですが…ッ!!
ジェイシー・リー・デュガード 事件発生から18年間の歳月を経て今年2009年8月に解決したジェイシー・リー・デュガードさん誘拐を、「アマチュア・ポルノ・スター・キラー」シリーズなどの下世話なZ級エクスプロイテーション・フィルムを作っているシェーン・ライアン監督が映画化する…
11歳だった1991年に家族の目の前で、性的異常者の変態フィリップ・クレイグ・ガリドーに誘拐されたジェイシーさんは、その後、14歳と18歳の時にガリドーの子どもを産ませられるなどしたが、自分はガリドーの娘だと名乗り、産んだ子どもは“妹”として育て、ガリドーと妻のナンシーが経営する会社で働いていた…。
変わり果てた娘とようやく再会できたデュガード家の人たちは当然、シェーン・ライアン監督が来月12月から撮影を開始する「アブダクテッド・ガール/アメリカン・セックス・スレイブ」、つまりは“アメリカの性の奴隷”という強烈なタイトルの映画の製作に異議を唱える声明を発表している…。
アサイラム-パラノーマル・エンティティー 大ヒット映画をパクリ続けることを美学にまで高めたサイテー映画の王道を行くバカ映画プロダクション、アサイラムの最新作は「パラノーマル・エンティティー」!!
2008年に発生したフィンレー一家惨殺の“実際の映像”を目撃すること…ッ!!、来月12月29日に全米のDVD店の棚に並ぶ予定の本作ですが、低予算で安っぽくマネすることが売り?!のアサイラムでも、さすがに本家「パラノーマル・アクティビティ」の製作費1万5,000ドル(約134万円)より安く作ることはできなかったのでは…?!
アサイラムについて知らない方は、サイドバーの記事検索で引っ張り出して下さい。
マイリー・サイラス-ツアーバス事故
マイリー・サイラス-ハンナ・モンタナ マイリー・サイラスAKAハンナ・モンタナのツアー・バスの1台が昨夜(11月19日)未明、ヴァージニア州リッチモンドの南部で交通死亡事故…ッ!!、運転手のビル・ダグラスさんが亡くなってしまった…。4台連ねたツアー・バスはコンサートの機材とスタッフの移動用で、マイリー・サイラス本人は乗っていなかった…。
マイリー・サイラスは、“ツアーのスタッフとして家族も同然だったビルおじさんがいなくなったことで深い悲しみに包まれています…”と、故人とその家族に対する哀悼の声明を発表した。事故当時は、折からの雨で路面が濡れており、ビル・ダグラスさんが運転するバスはハンドルをとられて車道を飛び出し、横転した可能性が高いが、それが事故原因とは、まだ特定されていない…。なお、バスに同乗していた9人のスタッフは軽いケガだけで助かった。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!