映画界に悲報!!、ウィル・スミスが「アルジャーノンに花束を」が原作の「まごころを君に」のリメイク映画を製作・主演!!

ウィル・スミス-アルジャーノンに花束を
冗談でふざけて、すみませんが、ウィル・スミス主演作が製作中止の朗報の次は、ウィル・スミス最新主演作の悲報です…!! → 


熱心でない信者に暴力の肉体的制裁を加えたとされる虐待疑惑が浮上している元映画スターの“新世紀の神”トム・クルーズさまと共に布教に励み、「ハンコック」(2008年)では、自らを“神”の末裔に祀り上げてみせた、モンスター・ペアレントで嫌われ者のウィル・スミスが、暗礁に乗り上げたスピルバーグ監督の「オールドボーイ」の代わりに、ダニエル・キイスのSF小説の名作「アルジャーノンに花束を」を、ソニー・ピクチャーズで映画化し、自ら主演することを検討している…ッ!!と、PAJIBA.COM がスクープを報じています…!!
つまり、クリフ・ロバートソンがアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した名作「まごころを君に」(1968年)のリメイク映画を作る…ということですから、アカデミー賞の同賞を狙いに出たはずの「7つの贈り物」(2008年)が感動作ではなく、“変態ストーカー映画”として恐怖を持って受け止められ、ドンびきで大コケしたウィル・スミスとしては、「アリ」(2001年)と「幸せのちから」(2006年)でノミネートだけに終わり、果たせなかった念願のオスカー獲りを、障害を持つ主人公のいわば難病モノ?!として演技力の見せどころのある「アルジャーノンに花束を」で達成してやろう…ッ!!ということですね…。そんな訳で、ウィル・スミス主演の「アルジャーノンに花束を」の監督は、前述のあからさまに賞狙いに出た2作でコンビを組んだガブリエレ・ムッチーノではないか…?!と、pajiba は結んでいます。
さて、ウィル・スミスの露骨な賞狙いの「アルジャーノンに花束を」が本当に作られたとして、アカデミー会員たちは支持をしてくれるでしょうか…?!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!