11月10日の映画ティドビッツよせあつめニュース!!

ハイテンション-セシル・ドゥ・フランス
最近、多忙につき、伝えきれないニュースや情報が多いので、何も知らないよりは、少しでも知ってる方がいいので、カンタンなティドビッツにして、ひとまとめにお知らせする“よせあつめニュース”を復活させていこうと思います…ッ!!
まずは…、クリント・イーストウッド監督の初めてのホラー映画?!となりそうな、超常現象がテーマの最新作「ヒアアフター」に、アレクサンドル・アジャ監督のラストのオチがアンフェア?!かもしれないけれど、とりあえず、怖いことは怖いサイコ・スプラッター「ハイテンション」(2003年)で、血まみれヒロインを演じたセシル・ドゥ・フランス(↑)の出演が決定!!と、Variety が報じました!!
約1年前の2008年11月14日に製作決定のニュースをお知らせして以来、続報を伝えていなかった、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮の「ヒアアフター」ですが、主演はマット・デイモンで、すでに先月10月から撮影が始まっています。
「フロスト/ニクソン」(2008年)の脚本家ピーター・モーガンが執筆した本作のシナリオのプロットは、題名の“Hereafter”=“死後の世界”そのまんまに、様々な形で“死”とふれることになった3人の人物を描くストーリーとのことで、ホントはベルギー人のセシル・ドゥ・フランスは、その3人のひとりとして、臨死を体験するフランス人ジャーナリストを演じるそうです。今や、押すに押されぬ名匠のクリント・イーストウッド監督がどのようにホラー映画に取り組むのか?!、とても楽しみですね。この「ヒアアフター」は、ワーナー・ブラザースの配給により、来年2010年12月全米公開の予定です!! → 

続きを読む

広告

ドキュメンタリー映画のオスカー監督ジェームズ・マーシュが悪魔祓いの新作ホラー「ザ・ヴァチカン・テープ」で“実際の映像”の偽造に挑戦!!

エミリー・ローズ-悪魔祓い
素人がたったの135万円ぐらい(1万5,000ドル)で作った“実際の映像”モノのホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」(2010年公開)が、全米で間もなく90億円(1億ドル)を超えるメガヒットになりそうなことで、その後に続け…ッ!!とばかりに、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のSFモッキュメンタリー「ザ・フォース・カインド/第4種接近遭遇」(12月23日公開)が封切られるなど、“実際の映像”モノがブームになりつつありますが、ドキュメンタリー映画のオスカー監督ジェームズ・マーシュも、その綱渡りに挑戦することになりました…ッ!! → 

続きを読む