アンジェリーナ・ジョリーがロシアの二重スパイの罠にハメられる最新作のスパイ・スリラー「ソルト」の予告編が、突如としてロシアから出現!!

アンジェリーナ・ジョリー-ソルト-1
ブロンドのアンジェリーナ・ジョリーと、黒髪のアンジェリーナ・ジョリー…、どっちがホントのアンジェリーナ・ジョリー?!という、ミステリアスなスパイに扮したアンジーのいろんな顔が楽しめる最新作の予告編です…ッ!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/15656
落ち目のトム・クルーズの身の程知らずな高額ギャラ要求を蹴ったソニー・ピクチャーズが、ならば…ッ!!と主役をアンジェリーナ・ジョリーにバトンタッチしたスパイ・スリラー「ソルト」の予告編が、まずはロシアで初公開されたようです!!
トム・クルーズが演じるはずだった“エドウィン・A・ソルト”を女性に性転換手術し、“イヴリン・ソルト”としてアンジェリーナ・ジョリーが演じた本作は、ロシアの二重スパイの疑いをかけられたアンジーが、国家の裏切り者として追われながら、自分を罠に落とし入れた黒幕の正体を暴き、自らの汚名を晴らそうと戦うアクション・サスペンス映画です!!、セリフがすべてロシア語に吹きかえられてしまっているので、サッパリわかりませんが、とりあえず、「ウォンテッド」(2008年)の殺し屋フォックスのようにクールなアンジーが再び観られそうな予感で、トム・クルーズをクビにしたソニピの判断は、あらためて正しかったのではないでしょうか…ッ?!
この「ソルト」でアンジェリーナ・ジョリーと共演しているのは、「X-MEN/ウルヴァリン」(2009年)のセイバートゥースことリーヴ・シュレイバーのほか、「TSUNAMI/津波」(2006年)で生き残ったと思ったら、お次は古代マヤ人の予言で地球壊滅が待っていた、「2012」(来週13日全米公開/日本では約1週遅れの21日から封切り)の不幸なキウェテル・イジョフォー
監督は、トム・クランシーの原作を映画化した「パトリオット・ゲーム」(1992年)と、「今そこにある危機」(1994年)のジャック・ライアン・シリーズで、スパイものは得意なことが実証済みのフィリップ・ノイスですが…、う~ん…、アンジーが変装するあたりは、ヴァル・キルマーが変装の名人の大泥棒を演じた「セイント」(1997年)を思い出してしまった方もいるかもしれませんね…?!、ま、アンジーとは「ボーン・コレクター」(1999年)以来となる約10年ぶりのコンビ再結成ですッ!!
で、脚本は、復讐鬼のジェラルド・バトラーとジェイミー・フォックスが対決する大爆笑のブラック・コメディ?!「ロー・アバイディング・シチズン」が全米で大ウケ中のカート“ガン=カタ”ウィマーなので、本作も見せ場作りのためのご都合主義に徹した、かなりブッ飛んだ展開なのかもしれませんが…、まぁ、おもしろいことを期待しておきましょう…!!、しかし、この「ソルト」の予告編をいきなりロシアから登場させたのが、映画の内容にあわせたソニー・ピクチャーズの宣伝戦略だったなら、ちょっとシャレてますね…ッ!! 
アンジェリーナ・ジョリー-ソルト-2
次回作のリメイク映画「ザ・ツーリスト」(これもソニピ配給)でも、降板したトム・クルーズの代わりに看板スターをつとめるアンジェリーナ・ジョリーの最新作「ソルト」は、来年2010年7月23日から全米公開の予定です!!
この「ソルト」の関連記事は、右→のサイドバーのカテゴリーから「ソルト」を選んで、閲覧してください。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告