爆笑ショート・ホラー「最も効率の悪い凶器により、恐るべき緩やかさで訪れる死の戦慄」(約10分)を、お楽しみください!!

最も効率の悪い凶器により、恐るべき緩やかさで訪れる死の戦慄
きょ、きょ、凶器の…、ス、スプーンを持った殺人鬼が…ッ、俺をペコペコ叩いて殺そうとするんだーッ!!と、救いを求めたところで、そらッ、あんさん、誰も信じてくれまへんがなッ!!、でも、本人さんにしはったら笑い事やありまへんでッ!!
   → 



「ファイナル・デスティネーション」(2000年)や、「ブラッディ・バレンタイン 3D」(2009年)に出ていたカー・スミスが主演したアクション・スリラー「緊急逃亡(PRESSURE)」(2002年)が、日本でもDVDリリースされているリチャード・ゲイル監督の短編ホラー・コメディ「最も効率の悪い凶器により、恐るべき緩やかさで訪れる死の戦慄」(The Horribly Slow Murderer with the Extremely Inefficient Weapon)を、リチャード・ゲイル監督自身が、自分のYouTubeのアカウントにアップしてくれたので、お楽しみください!!
この「最も効率の悪い凶器により、恐るべき緩やかさで訪れる死の戦慄」(邦題はもちろん、ぼくの超訳です)は、カナダのトロントで2006年からスタートしたジャンル映画の祭典、アフターダーク・フィルム・フェスティバルで最優秀短編映画賞を受賞したほか、テキサスのカリスマ映画館アラモドラフト・ハウスファンタスティック・フェストで審査員特別賞を与えられるなど、これまでに12個の映画賞を与えられた話題の傑作で、こうしてオンラインで観られるのはラッキーですねッ!!
ある日、突然、凶器のスプーン?!を持った謎の殺人鬼に呪われた男がたどる、おかしくて恐ろしい事の次第のエスカレートを、フェイク映画の予告編風にまとめた本作は、約10分間と少々長く、字幕もありませんが、ご覧いただければ内容は一目瞭然でおわかりいただけると思います。マイナーで、ほとんど無名のリチャード・ゲイル監督ですが、このユニークな「最も効率の悪い凶器により、恐るべき緩やかさで訪れる死の戦慄」を転機にステップアップできるといいですね…ッ!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告