ベニチオ・デル・トロが呪われた狼の血に目覚める怪奇モンスター映画「ウルフマン」が、MTVチックな第2弾の予告編をリリース!!

ウルフマン-ベニチオ・デル・トロ
使われている音楽が、マーク・ウォールバーグの「マックス・ペイン」(2008年)の予告編と同じじゃんッ!!(マリリン・マンソンですね…)というツッコミを別にすれば、映画本編はかなりおもしろそうかも…ッ!!と期待させてくれる、チェ・ゲバラが狼男に変身するモンスター・ムービー「ウルフマン」の新しい予告編です…ッ!!
    → 


http://www.traileraddict.com/emd/15216
次回作として、マーベル・コミックのヒーロー・アクション大作「キャプテン・アメリカ」(2011年公開予定)を準備中のジョー・ジョンストン監督(「ジュラシック・パーク3」2001年)の最新作「ウルフマン」の第2弾となる新しい予告編を、製作・配給のユニバーサル映画がリリースしました…ッ!!
「チェ」2部作で革命の闘士ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロが主演する本作は、1940年代に黄金時代を築いたユニバーサルの怪奇映画の代表作である、ロン・チェイニー・Jr主演の「狼男」(1941年)を、最新のSFXで現代的にリメイクしたモンスター・ムービーです。
本当ならば今年2009年2月に公開されるはずが、SFXが未熟だったことなど、追加撮影の必要に迫られ、封切りがくり返し見送られ続けてきたことから、内容が不安視されてきた「ウルフマン」ですが、今夏8月にご覧いただいた初公開の予告編に続き、上 ↑ のちょっとミュージック・クリップみたいな感じがする第2弾の予告編も申し分がなく、ユニバーサル映画が同社の伝統の威信をかけ、時間を費やしただけの価値はある自信作のように見受けられます。
ベニチオ・デル・トロ扮する主人公ローレンス・タルボットが、兄が行方不明…との知らせを受け取り、舞い戻った故郷の村で、彼を待ち受けていたのは恐ろしい運命だった…ッ!!という本作で、主人公の父タルボット卿を演じているのはアンソニー・ホプキンスですが、予告編の中で、我が子ベニチオ・デル・トロが苦しみながら狼男に変身する様を、悪意に満ちた笑顔で見守るあたりに、名優のアタリ役である人食いハンニバル・レクター博士を彷彿とする存在感が感じられ、いったい、これはどんな映画なんだろう…ッ?!と、ワクワクさせられてしまいますッ!!
そして、銀の弾を拳銃に詰め、狼男狩りに乗り出しているのは、「マトリックス」シリーズのMr.スミスことヒューゴ・ウィービング。行方不明の兄の婚約者を演じているのは、彼女が出てくるだけで、どんな映画もワンランク・アップして観える演技派のエミリー・ブラントです。セクシーな姿(↓)もちょっと観られるようですね…ッ!!
ウルフマン-エミリー・ブラント
ジョン・ランディス監督のカルト映画「狼男アメリカン」(1981年)でも、狼男の変身を担当した特殊メイクの大御所リック・ベイカーが、驚異の神技を披露する最新作「ウルフマン」の二転三転した全米公開日は、2010年2月12日で決定です!!
ウルフマン-ジョー・ジョンストン
関連記事
ベニチオ・デル・トロが満月に吠えて変身するのに時間がかかり、公開が1年遅れた「ウルフマン」が待たせた価値のある予告編を初披露!!(09.08.21)
ベニチオ・デル・トロが狼男に変身するリメイク版最新作「ウルフマン」のコンセプト・アートを特殊メイクの神さまリック・ベイカーが大公開!!(09.02.28)
マーベルのヒーロー映画「ザ・ファースト・アベンジャー:キャプテン・アメリカ」の監督に「ジュラシック・パーク3」のジョー・ジョンストンが決定!!(08.11.10)
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告