ローランド・エメリッヒ監督のディザスター映画「2012」が、史上最大級のTVジャックで視聴者の度肝を抜いた大地震の動画たっぷり5分間!!

ローランド・エメリッヒ-2012-3
ストーリーはサイテーでも、悔しいかな?!、SFXのグレードはいつも最上級のトンデモ映画のカン違い巨匠、ローランド・エメリッヒ監督が描いた、2012年12月21日に起こるロサンゼルス沈没の大地震の光景にビックラこいてください…ッ!!
   → 


http://www.traileraddict.com/emd/14637
アメリカでは、おとついとなる10月1日(木)の夜に、大手ネットワークだけでなく、スペイン語放送の局なども含んだ全米の約450のテレビ局を、ソニー・ピクチャーズがジャックし、もしかすると映画宣伝史上最大級のテレビ・キャンペーンだったかもしれない、およそ1億1,000万人以上が視聴した、ローランド・エメリッヒ監督のトンデモ映画の最新作「2012」のプロモーション・リールです…ッ!!
ソニピがテレビ放送した動画は約2分間だったそうですが、ネットでは、さらにサービスの映像を追加して再編集した約5分間の長尺版として登場しましたッ!!
ローランド・エメリッヒ監督の大げさなスペクタクル映像には、これまでにも幾度となく騙され、詐欺の被害に遭ってきましたから、もう手玉にとられるものかッ!!と、固く心に誓っている映画ファンも、う~ん…、このロサンゼルス大地震はちょっと、映画館の大きなスクリーンで体験したい誘惑にかられてしまうのでは…?!、ただし、ジョン・キューザックのやる気のない演技はいただけませんね…、CGのSFXのド迫力と俳優の表情がマッチしていません…。そうした辺りが、ローランド・エメリッヒ監督がやはり、トンデモ映画のカン違い巨匠たる所以ですね…。
タンディ・ニュートンはまともな芝居をしていてくれるといいのですが…ッ!!
ローランド・エメリッヒ-2012-4
古代マヤ人が2012年12月21日に世界が終わると予言したらしい??マヤ暦のサブカル・ネタを大真面目に映画化してみた奇特なトンデモ映画「2012」は11月12日全米崩壊!!、日本はその後、11月21日に崩壊の予定です…!!
ところで、パニックを避けるため?!、国民に向かって“心配ない…”と、テレビの中で安全を保障し、嘘をついているニセ政治家のセリフ棒読みの口調は(34秒のとこ)、アーノルド・シュワルツェネッガーのパロディですよね…?!、シュワ知事も変な使われ方をしてしまいました…ッ!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!