「初恋」なんてアホな副題の「トワイライト」は、ヴァンパイア映画として、こう終わるべきだった…という、ジョークのパロディ・ビデオ!!

トワイライト-スプーフ-G4
トワイライター、もしくは、トゥイッター?!のみなさん、本当に申し訳ありません…!!、でも、また、おもしろかったんです…ッ!! → 


http://g4tv.com/lv3/41784
“世界最高の映画館”として有名なテキサスのカリスマ・シアター、アラモドラフト・ハウスにおいて、先月9月23日から、アメリカでは本日の10月1日にかけ、今年も開催されたジャンル映画の祭典“ファンタスティック・フェスト”で、オタク男子向けのケーブルTV局 G4の人気番組アタック・オブ・ザ・ショーのパーソナリティ、ケヴィン・ペレイラオリヴィア・マンのコンビが披露した大ヒット・ヴァンパイア映画「トワイライト・サーガ」のパロディ・ビデオです…!!
ヴァンパイアのエドワードと、人間の美少女ベラがロマンチックなムードにひたっているところに突然、ケヴィンとオリヴィアが現れ、とんでもないことをしでかした挙げ句、“お前、この野郎は危険な吸血鬼なんだぞッ!!、恋になんか堕ちてんじゃねぇよッ!!、バーカッ!!”といった風に、ベラをおちょくりながら説教して、“お前みたいにセンチメンタルな女はうざいんだよ…ッ!!、自分の身は自分で守れッ!!”と、冷たく言い放って、立ち去っていくのですが…、ジャンル映画のマニアには、とにかく不評な「トワイライト・サーガ」だけに、このヴァンパイア映画としては納得の展開?!に、ファンタスティック・フェストに集まったコアな観客らは、さぞかしスッキリしていたことかもしれません…?!
それにしても、クエンティン・タランティーノ監督の最新作の戦争映画「イングロリアス・バスターズ」(11月20日公開)が全米大ヒットでも、倒産目前の危機的状況は変わらないワインスタイン・カンパニーを、「トワイライト」(2008年)の大ヒットで、たらふく貯め込んだ“トワイライト・マネー”によって買収するのでは?!とささやかれているサミット・エンタテインメントですが、もし、そうなるとタランティーノ監督がイタリアのテレビ番組のインタビューに答え、製作を高らかに宣言した「キル・ビル3」は、サミットの映画になってしまうかもしれませんね…?!
不評でも、やっぱり、待っている人もいる「トワイライト・サーガ」の第2章「ニュームーン」は、来月11月20日全米公開の後、日本では、その約1週間後の11月28日(土)封切りです…!!
関連記事
「初恋」なんて恥かしい副題がつけられた「トワイライト」は、ヴァンパイア映画として、こう終わるべきだった…というジョークのパロディ写真!!(09.09.05)
大ヒット・ヴァンパイア映画「トワイライト」に狂信的なティーンエイジャーのバカな女の子たちを、トラッカーのジェームズが退治する動画…!!(09.05.22)
「キル・ビル3」の話題は、製作が具体的に進行したら、また、お伝えします。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告