ホラー映画でお決まりのケータイを圏外にして恐怖を盛り上げようとするワンパターンな場面を集めて、あざ笑うビデオ!!

オープン・ウォーター2
大海原に取り残される恐怖を描いた「オープン・ウォーター2」(2006年)の一場面ですが、この状況でケータイが圏外だと、確かにかなり絶望しそうです…ッ!!
    → 


http://www.collegehumor.com/moogaloop/moogaloop.swf?clip_id=1921796&fullscreen=1
映画についてのちょっとイジワルなツッコミで、いつも笑わせてくれる CollegeHumor のパロディ・ビデオの新作です…ッ!!、ホラー映画や、サスペンス映画などで、イザという時に都合よく?!ケータイが圏外になったり、バッテリーが消耗…、あるいは本体そのものが壊れて、助けを求められない…ッ!!という、緊張感のスリルを盛り上げるために、もはや、お約束になってしまったワンパターンな演出の場面を、いろんな映画からゴッソリと集めてくれています…ッ!!
この“圏外になる…”という演出にはまた、“非日常の別世界に迷い込んでしまった…ッ!!”といったニュアンスの雰囲気を暗示する目的で使われるパターンもあると思いますが、現実の日常生活でもケータイが圏外になると、まるで世界から閉め出されたような不安にかられる人もいるそうなので、そうした現代人の不安が“圏外”には込められているのかもしれませんね…。
携帯電話の時代になり“電話線が切られたッ!!”という演出が影をひそめたように、いずれテクノロジーが進歩すると、こうした圏外や、バッテリー切れの場面も映画で観られなくなっていくかもしれません。やはり、映画はその時々の社会を映すメディアなわけですが、ケータイを持ち歩くのが面倒で、固定電話化してしまっている僕のようなタイプには、「着信アリ」の類はあまりピンときません…。
ワン・ミス・コール
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!