「ソウ」シリーズ最新作「SAWⅥ」が、“ホラー女王誕生”で選ばれた新人スクリーム・クイーンの苦悶の拷問を含む、映画の写真を大量公開!!

SAWⅥ-ソウ6-2
facebook 上で展開している「ソウ」シリーズ・ファンのための公式コミュニティ Saw Facebook group page が、最新作「SAWⅥ」の写真をまとめてアップロードしてくれたので、拝見させてもらいましょうッ!!、後継者の仕事が心配でか?!、死ぬ死にきれないトビン・ベルの初代ジグソウは本作でも健在です…ッ!!
   → 


SAWⅥ-ソウ6-1
↑ 頭に重症を負った人のようなヘッドギアをつけているのは、ケーブルTV局のVH1が昨2008年の秋に、シリーズの前作「SAWⅤ」の公開に便乗して放送した、10人の新人女優の中から、誰が一番、ホラー映画のヒロインにふさわしいか?!を決める“スター誕生”ならぬ“ホラー女王誕生”のオーディション番組「スクリーム・クイーンズ」で見事に優勝し、最新作「SAWⅥ」出演の権利を勝ち取った29歳のタネドラ・ハワードさんが演じるシモーネです!!、頭のヘッドギアはもちろん、医療器具ではなく、恐ろしい拷問機械なわけですが、写真から判断するかぎりでは、シモーネはこめかみにボルトをめり込ませるか、腕を自らナイフで斬り、傷つけるかの二者択一を、ジグソウに迫られたようですね…ッ!!、恐らくタネドラ・ハワードさんも映画の中で死んじゃうのかな?!と思いますが、スクリーム・クイーンとして、これからいろんなホラー映画で悲鳴をあげ続けてほしいですねッ!!
SAWⅥ-ソウ6-3
↑↓ 「ソウ3」(2006年)で初登場し、今や、シリーズの顔となったコスタス・マンディロアのホフマン刑事ですが、果たして、彼はまんまとジグソウの罠にハメられてはいないのか?!、この最新作で明らかになるとされているジグソウの壮大なゲームの構想が気にかかります…!!
SAWⅥ-ソウ6-4
SAWⅥ-ソウ6-5
SAWⅥ-ソウ6-6
↑↓ テレビ・シリーズ「リ・ジェネシス/バイオ犯罪捜査班」の主人公デビッド・サンドストロムとして知られるピーター・アウターブリッジが演じる残酷ゲームのプレイヤーにされる餌食のウィリアム・イーストンです。前作の「ソウ5」には、同ドラマからウェストン・フィールドこと、グレッグ・ブリックが出演していましたね。
「ソウ」シリーズは「リ・ジェネシス」がお気に入り?!といった感じですが、映画の撮影が主にカナダで行なわれているので、カナダの人気ドラマのキャストを登場させる地元びいきのサービスなのかもしれません…?!
SAWⅥ-ソウ6-7
↑ で、そのピーター・アウターブリッジを演出している左のメガネの男性は、シリーズ全作の編集をつとめ、この最新作「SAWⅥ」で映画監督デビューを果たすケヴィン・グルタートです!!
SAWⅥ-ソウ6-8
↑↓ ベッツィ・ラッセルが演じる、ジグソウの元カミさんとしておなじみのジルですが、彼女に託された真の役割と、前作で相続した“遺産”の秘密も、最新作でついにわかってくるようです…ッ!!
SAWⅥ-ソウ6-9
SAWⅥ-ソウ6-11
↑ こちらは「ソウ4」(2007年)にも出演していたデヴォン・ボスティックが演じるブレントというキャラクター。彼は、ゾンビ・マスター=ジョージ・A・ロメロ監督の「ランド・オブ・ザ・デッド」(2005年)に引き続き、最新作「サバイバル・オブ・ザ・デッド」にも出演しています!!
SAWⅥ-ソウ6-10
↑ 彼女は「バイオハザード II/アポカリプス」(2004年)に端役で出演していた、
  シンガーソング・ライターとしてツアー活動も行なっているラリッサ・ゴメス。
SAWⅥ-ソウ6-12
残酷ポルノ・ブームに火をつけた「ソウ」シリーズ最新作「SAWⅥ」は10月23日から全米公開!!、日本では11月6日(金)から拷問ゲームのスタートです!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告