シリーズ最新作「バイオハザード4 / アフターライフ」に、アリ・ラーターの女戦士クレアが再登場!!「プリズン・ブレイク」のマイケルも参戦!!

バイオハザード3-アリ・ラーター-1
今週末の25日(金)に全米で同日公開され、火花を散らすことになる2本のSF映画のうち、「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督がプロデューサーをつとめた「パンドラム」ではなく、ブルース・ウィリス主演の「サロゲート」から、最新作「バイオハザード4/アフターライフ」の特ダネが飛び出しましたッ!!
    → 


監督をつとめてシリーズを立ち上げた第1作(2002年)以降は、プロデューサーとして裏方にまわっていたポール・W・S・アンダーソンが再びメガホンをとり、私生活では愛妻のミラ・ジョヴォヴィッチが演じる主人公アリスと、彼女を生み出したアンブレラ社との戦いに終止符を打つらしい決戦の最新作「バイオハザード4/アフターライフ」の撮影は、いよいよ来週の10月からカナダのトロントで始まる予定ですが、出演者については、主役のミラ・ジョヴォヴィッチのほかに、「スターシップ・トゥルーパーズ3」(2008年)のボリス・コジョーが起用されたことぐらいしか、ハッキリとした情報がありませんでした…。
しかし、そのボリス・コジョーが、次回出演作の監督ポール・W・S・アンダーソン製作の「パンドラム」のライバル映画「サロゲート」のほうに奇しくも出演しており、その公開間近の出演作について、 blackfilm.com のインタビューに応じた中で明らかにしたところによれば、「バイオハザード4/アフターライフ」の共演者として、シリーズの前作「バイオハザードIII」(2007年)で、女だてらに生存者たちのリーダーをつとめ、アリスと共闘したクレアこと、アリ・ラーターの登場が再び決定しているほか、大ヒット・テレビ・シリーズ「プリズン・ブレイク」の主人公マイケルを演じたウェントワース・ミラーの出演も決まっているそうです…ッ!!
プリズン・ブレイク-ウェントワース・ミラーボリス・コジョーが、 blackfilm.com のインタビュアー、ウィルソン・モラレスに語ったところによれば、「バイオハザード4/アフターライフ」で、彼が演じるのは、3年もの間、劫火に焼き尽くされたロサンゼルスで、生存者たちを束ねているリーダーだそうで、ゾンビに囲まれた刑務所から脱出する術がなく、困っている人々を、ミラ・ジョヴォヴィッチのアリスと協力して救い出すそうです。
で、さて、ビヨンセとキャット・ファイトを戦うサイコ女を演じた不倫サスペンス「オブセッション 歪んだ愛の果て」(10月7日DVDリリース)が、今春、アメリカでスマッシュ・ヒットになった、「HEROES/ヒーローズ」でも人気のアリ・ラーターについては、引き続き、女戦士クレアとしての出演ですから、あまり疑問はありませんが、世界イチ坊主が似合うウェントワース・ミラーの役どころは気になりますよね…?!
ボリス・コジョーによれば、ウェントワース・ミラーは「プリズン・ブレイク」のマイケルが代名詞だけに?!、先の刑務所の場面に登場し、もしかするとゾンビ感染しているかもしれない謎めいた男を演じるそうです。ミラ・ジョヴォヴィッチとボリス・コジョーは、敵か?!味方か?!、見定めがつくまで、ウェントワース・ミラーを刑務所の監獄に閉じ込めてしまうらしいのですが…、最終的にはどうも、アリスたちはIQ200のマイケルの脱獄スキルの助けを借りて、刑務所から脱走…ではなく、脱出することになるようです…?!
バイオハザード3-アリ・ラーター-2
ボリス・コジョーのおかげで、少し映画のイメージが見えたような気がする、ポール・W・S・アンダーソン監督の最新作「バイオハザード4/アフターライフ」は、ソニー・ピクチャーズ傘下のスクリーン・ジェムズが製作し、3D映画として来年2010年8月27日に全米公開される予定です…!!、撮影が始まる来週以降、より詳しい新たな情報が期待できそうですね…ッ!!、しかし、ホントは怖い映画が大の苦手で、“私、ひとりで観れないの…”と言うアリ・ラーターは、またゾンビと闘うハメになってしまいました…ッ!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告