ロバート・デ・ニーロがとうていオスカーの候補にはなりそうにないハートウォーミングなロード・ムービーの家族映画「みんな元気」の予告編!!

みんな元気-ロバート・デ・ニーロ
ニュー・シネマ・パラダイス」(1989年)で知られるイタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督の代表作で、マルチェロ・マストロヤンニが演じた役にロバート・デ・ニーロが挑戦しています…!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/14126
ジュゼッペ・トルナトーレ監督が1990年に発表した家族映画の名作「みんな元気」を、ディズニー傘下のミラマックスがロバート・デ・ニーロを主演に迎え、リメイクした最新作のドラメディ「エブリバディ’ズ・ファイン」(Everybody’s Fine)の予告編です。先々週末の9月4日に全米で封切られたマイク・ジャッジ監督のコメディ「エクストラクト」の冒頭に付けられ、初公開されましたが、肝心の本編が思いっきりコケたせいで、まるで注目されず、遅ればせながら、ようやくオンラインに登場しました…。
物語の内容は…、リメイクなので、すでにご覧の方も多い「みんな元気」と同じ。
ロバート・デ・ニーロ演じる年老いたお父さんのフランクは、成長した子どもたちの帰省を楽しみにしていましたが、子どもたちがみんな帰省を取り止めてしまい、フランクは自分の方から子どもたちのところに押しかけて行くことに…。そして、フランクは立派に育ったと思いたい子どもたちの人生が、実はけして順風満帆ではなかったことを知る…。といったお話ですね。
ロバート・デ・ニーロの子どもたちとして出演しているのが、スポ根ガーリー・ムービー「ウィップ・イット!」(10月全米公開)で映画監督に転進したドリュー・バリモア、新作のサスペンス映画「ホワイトアウト」が興行的に大破したケイト・ベッキンセイル、そして、ほとんど自分しか出ていないインディーズ映画の「ムーン」が、今年2009年のSF映画のBEST①にあげられている絶好調のサム・ロックウェル
とりあえず、この人たちに家族としての遺伝子的なつながりがあるようには見えないことにさえ目をつぶれば、ユニークなキャスティングが実現しています。
で、このリメイク版「みんな元気」について、ロバート・デ・ニーロが本作の演技で来年2010年の次回アカデミー賞の最優秀主演男優賞に当確?!といったウワサが、どこかで出ているそうなのですが…、予告編をご覧になれば、まともな映画ファンの方なら察せられるように、このベタな雰囲気のファミリー・ピクチャーにそうしたポテンシャルがあるようには見えません…。おかげで、そのウワサのために返って、この予告編を紹介するアメリカの映画サイトやブログにおいて、おいおい、そんな訳ねぇーだろ?!と、シラジラしい話題作りを指摘され、やんわりとけなされてしまいました…。ジャック・ニコルソンの「アバウト・シュミット」(2002年)ほどの重みが少しは感じられればよかったのですが…。
みんな元気-ロバート・デ・ニーロ-ドリュー・バリモア
このロバート・デ・ニーロのリメイク版「みんな元気」の監督は、「ウェイクアップ!ネッド」(1998年)、「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」(2005年)のカーク・ジョーンズです。全米での公開は12月4日からなので、ま、クリスマスを意識したような軽いホリデイ・ムービーと思っておけばよいのかもしれません…。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告