レオナルド・ディカプリオがあなたの心に入り込む…クリス・ノーラン監督のSFアクション「インセプション」が初公開した予告編の海賊版!!

レオナルド・ディカプリオ-インセプション-34
先週末の21日(金)に全米公開されたクエンティン・タランティーノ監督が独創的な歴史観で第二次大戦を描いた「イングロリアス・バスターズ」の冒頭につけられている、クリストファー・ノーラン監督の最新作「インセプション」の予告編を盗撮した海賊版です…ッ!!、海賊版なので、毎度のように画質・音声ともにサイテーです…。同映画のサイト(回転してるコマをマウスで誘導できます)も早々とオープンした製作・配給のワーナー・ブラザースは、たぶん週明けのあさって以降に、オンラインでも予告編を公式リリースしてくれると思うので、ちゃんとした画質と音声で「インセプション」に初遭遇したい方はそれまでお待ちください…ッ!!、いやまぁ、それはそれで観るけど、とりあえず、今も観たいやん…という方だけ、続きを読むをクリックで、「インセプション」の不思議な予告編をご覧ください…ッ!!
   → 


http://www.filmz.ru/soft/jwplayer_4_3.swf
大傑作「バットマン/ダークナイト」(2008年)で、映画史にその名を永遠に刻んだクリストファー・ノーラン監督が、レオナルド・ディカプリオを主演に迎え、現在撮影中のSFアクション大作「インセプション」が初公開した予告編です…ッ!!
う~ん、画質が悪いのもありますが、これだけでは内容がサッパリわかりません…。30秒あたりのところで、ホテルの廊下のような場所で闘っている男性2人は無重力の中にでもいるかのように宙に浮いた不思議な動きをしています…。
予告編が公開されても、内容は秘密のベールに覆い隠されたままの「インセプション」について、インターネット上で広まっているウワサによれば、本作は、ある特別な注射(薬品?)を使って、他人の心や夢の中に入り込み、その人物から情報を奪ったり、あるいは逆に情報を植えつけたりするテクノロジーを核とするストーリーで、レオが率いるチームのメンバーのエレン・ペイジジョセフ・ゴードン=レヴィットらは、それを使って、他人の心に入るこむことになる…?!と憶測されています…。と言われれば、トップの写真のエレン・ペイジは、誰かの心に入り込み、上の空を見上げているトランス状態…?!のように解釈できなくもありませんが…。
さらにこの「インセプション」の新情報としては、フランス発と思われる映画サイトの Cloneweb が、先週の水曜日(19日)に写真を紹介したパリでのロケーション撮影のコールシートを入手し、そこから出演者らの役名がわかりました…ッ!!
下 ↓ の写真がそのコールシートで、クリックで少し拡大して、よく見てもらえれば、エレン・ペイジの役名がアリアドネ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットはアーサー、渡辺謙さんはサイトーといった登場人物の名前が記されています。レオナルド・ディカプリオの名前は記されていませんが、筆頭に記されている“コブ”ことジェイコブが、レオのことなのは間違いありませんね…ッ!!、映画の題名も「インセプション」ではなく、「オリバーズ・アロー」と記されていて、この撮影がレオナルド・ディカプリオが主演の話題作であることを隠蔽しようとしています…ッ!!  
レオナルド・ディカプリオ-インセプション-35
また、この「インセプション」の音楽を担当するのは、「ダークナイト」(2008年)に引き続き、ハンス・ジマーですが、「ダークナイト」の前作「バットマン・ビギンズ」(2005年)に加え、「ラストサムライ」(2003年)の音楽もハンス・ジマーでしたから、渡辺謙さんとハンス・ジマーはこれが3本めのコンビ作となりますね…ッ!!
ワーナー・ブラザースの来年2010年夏の勝負映画「インセプション」は、7月16日全米公開の予定です!!、恐らく世界でほぼ同時公開になると思われます!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告