スパッと切断した人体がズルッ…とずれ落ちる残酷シーンだけを集めたショッキング動画「カット&スライド」で涼しくなってください!!

ブラッディバレンタイン3D
現実的にはたぶんあり得ないんでしょうけれど、ホラーなどジャンル映画では、石川五ェ門の斬鉄剣で斬ったみたいに、人体がスパッ!!と鋭く切断されて、切られた当人も少しの間、気づかなかったりした挙げ句、やがて、切れ目からズル…ッと肉がずれて崩れ落ちる…という演出を観かけることがあります。それを称して、“カット&スライド”と言うそうなんですが、続きを読むの後の動画は、そうした場面だけを集めた少しショッキングなものです…!!、なので、そういう残酷シーンをオカズにゴハン三杯はいけるッ!!という方だけ、ご覧ください…ッ!!
   → 



南カリフォルニア大学で映画製作を学んだ4人の卒業生たちが中心となって立ち上げた映像製作プロダクション、サイキック・バニーが編集した残酷切断場面の寄せ集め“カット&スライド”です。使い古された感のある演出なのですが、切れた後、ズルッ…と来るまでの間が何ともたまらず、適度な緊張とそれが解放されるお決まりの快感へとつながります!!、とまぁ、いやはや、それは少し悪趣味ですね…と言われれば、それまでですが…、さて、皆さんは“カット&スライド”の中で紹介されている映画を何本、おわかりになられたでしょう…?!
最後の集団切断シーンは、「ER」の看護士キャロル・ハサウェイことジュリアナ・マルグリーズが主演してた「ゴーストシップ」(2002年)ですねッ!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!