少年サンデーに連載されていた「ダレン・シャン」の原作を映画化した「ザ・ヴァンパイア・アシスタント」がポスターを初公開!!

ダレン・シャン-ヴァンパイア・アシスタント-トップ
少年サンデーの連載は終わってしまいましたが映画のシリーズはこれから始まるようです…!! → 


ダレン・シャン-ヴァンパイア・アシスタント-ポスター
昨2008年7月4日に初公開の写真を紹介して以来、1年以上ぶりで「ダレン・シャン」のニュースの更新です!!、少年サンデーで漫画化され、2006年から今年2009年まで足かけ4年に渡って連載されたことで、よく知られているダレン・シャン原作の「ダレン・シャン」シリーズの最初の3冊=“ヴァンパイア・ブラッド・トリロジー”をまとめて映画化したユニバーサル映画の「シルク・ド・フリーク」が、タイトルを「ザ・ヴァンパイア・アシスタント」にあらため、初公開したポスターです!!
原作の第1巻から拝借した「シルク・ド・フリーク」という映画の題名を、ユニバーサル映画が原作の第2巻「ザ・ヴァンパイア・アシスタント」の方に変えたのは、「トワイライト・サーガ」や、「トゥルー・ブラッド」といった先行する人気作が巻き起こしているヴァンパイア・ブームにあやかり、これもヴァンパイアの映画ですよ…とわかりやすくアピールするためなのは明白ですが、ちょっと単純すぎるタイトルで、映画のイメージが安っぽくなってしまった感じで、「シルク・ド・フリーク」の方がよかった…という声が上がっているようです。が、まぁ、日本では前述のように漫画で知名度の高い「ダレン・シャン」というタイトルをそのまま使うことになるのではないでしょうか…?!、だから、題名変更はあまり関係ないように思います。
奇妙なサーカス団のシルク・ド・フリークの公演を見物に出かけてしまったことで、ヴァンパイアのラーテンのアシスタントとして、シルク・ド・フリークの一員に加わることになってしまった16歳の少年ダレン・シャンの運命を描く本作で、主人公のダレン・シャンを演じているのは、上 ↑ のポスターのクリス・マッソグリアですが…、アレ?!、ビリーさん、以前はダレン・シャン役はクリス・J・ケリーと紹介してませんでしたか…ッ?!とツッコまれそうですね…。映画の題名だけでなく、クリス・J・ケリーも初の大役となる本作の公開にあわせ、名前を変えてしまったようです。
このクリス・マッソグリア、もしくはクリス・J・ケリーをアシスタントにしてしまうヴァンパイア、ラーテンを演じているのは、「ウォーク・ハード ロックへの階段」(2007年)「俺たちステップ・ブラザース」(2008年)といったコメディ映画で活躍しているジョン・C・ライリー。そして、今や、ハリウッドで尊敬される名優の渡辺謙さんがサーカス団シルク・ド・フリークのオーナー、Mr.トールとして登場するほか、ウィレム・デフォー、サルマ・ハエックといった面々が出演しています。
監督は、「トワイライト・サーガ/第2章:ニュームーン」(今秋11月日米公開予定)を作っている屁タレ監督クリス・ワイツの兄貴で、「アバウト・ア・ボーイ」(2002年)などを発表しているポール・ワイツです。「ライラの冒険/ニュー・ライン・シネマ身売りの羅針盤」(2007年)でトンでもない大赤字を出した兄弟が(兄が製作、弟が監督)、そろいも揃って、ヴァンパイア・ブームに便乗しようとしています…ッ!!
ユニバーサル映画がアメリカではホラー・シーズンとなるハロウィンの直前に封切る最新作「ザ・ヴァンパイア・アシスタント」の全米公開日は10月23日。
予告編は明日(現地5日)、リリースされる予定なので、お楽しみに…ッ!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!