ブラピも仕掛け人の過激なキッズ・ヒーロー映画「キック・アス」の盗撮動画!!、11歳の殺し屋ロリータ、ヒットガールが悪人を皆殺しに…!!

キック・アス-1
アンジェリーナ・ジョリーの過激でクールな殺し屋映画「ウォンテッド」(2008年)の原作コミックの作者マーク・ミラーが、自らの代表作をブラッド・ピットと共に仕掛け人としてプロデューサーをつとめ、「レイヤーケーキ」(2004年)のマシュー・ヴォーン監督がメガホンをとった最新作のコミック・ヒーロー映画「キック・アス」が、サンディエゴ・コミック・コンで上映したプロモーション・リールを盗撮した動画がネット上に流出しました…ッ!!、海賊版なので、当然、画質・音声ともに悪いのですが、クロエ・モレッツが演じる殺し屋ロリータ、ヒットガールの活躍も観られます!!
   → 


キック・アス-2
先月7月半ばにもコミ・コン用のプロモーション・ポスターを紹介した「キック・アス」は、「シャンハイ・ナイト」(2003年)でジャッキー・チェンと共演していたアーロン・ジョンソン(↑中央)が演じる15年の少年デイヴが、母を亡くした孤独と、理不尽な暴力に満ちた世の中への怒りから、マスクをかぶったヒーローのヴィジランテ(自警員)として悪と闘うことを決意しますが、特殊能力など何もない平凡な少年のデイヴに正義の味方など務まるはずもなく…、と、そのような折り、デイヴは志を同じくする殺し屋ロリータのニンジャ、ヒットガールと、彼女の父親のビッグ・ダディ、そして、自分と同じようにヒーロー・コスチュームを身に着けた少年のレッド・ミストといった力強い仲間を得ますが、実はレッド・ミストの正体は…、といった内容です。
ヒーローになりたい!!
http://www.filmz.ru/soft/jwplayer_4_3.swf
ビルから飛び降りる冒頭のシーンは、ヒーローになりたい…!!と願う主人公の
デイヴの想像のようですね…!!
娘を殺し屋ニンジャにするための過激特訓!!
http://www.filmz.ru/soft/jwplayer_4_3.swf
大根役者のニコラス・ケイジが演じる元警官のビッグ・ダディが、防弾チョッキを着せた小学生の娘のクロエ・モレッツに容赦なく弾を撃ち込みます!!、娘を正義の殺し屋ニンジャにするための特訓のようですが、トンでもない親父ですッ!!
情けないヒーローキック・アス登場…!!
http://www.filmz.ru/soft/jwplayer_4_3.swf
自動車泥棒を見つけたデイヴがキック・アスに変身…て言うか、コスチュームに
着替えて、悪を退治しようとしますが…、何せ、フツーの15歳のガキなもんで、
反対に盗人たちに腹を刺されてしまいます…。
殺し屋ロリータヒットガール見参!!
http://www.filmz.ru/soft/jwplayer_4_3.swf
ドラッグ・ディーラー?!のアジトに乗り込んだキック・アスが返り討ちにあってしまったところに、殺し屋ロリータのニンジャ、ヒットガールが救出に現れ、悪い奴らをブッタ斬って、皆殺しにしてくれる場面!!、かわいいクロエ・モレッツの殺し屋ニンジャ姿が初めて観られましたね!!、想像してたように、超カッコいいです!!
キック・アス-クロエ・モレッツ
いくら正義の味方とは言え、子どもが人殺しをしていくのはいかがなものか…?!として、ハリウッドのメジャー・スタジオが二の足を踏み、企画をパスしてしまったため、自主製作のインディーズ映画として作られた「キック・アス」ですが、そのユニークで過激な内容ゆえ、製作当初から本作への注目度は高く、また、ご覧のサンディエゴ・コミック・コンで公開された動画が大きな話題となり、さらに映画ファンの期待を煽ることに成功しました。にもかかわらず、配給会社や、公開の予定が未定だった本作ですが、先月7月末にロサンゼルス郊外で予定されていた一般の観客を集めてのテスト試写が急遽、キャンセルされています…。
その理由は恐らく、「キック・アス」の高い人気に目をつけた、どこかの映画スタジオが配給権を買い取ってしまい、テスト試写は時期尚早…と判断されたからだと言われています。そのウワサが本当なのか?!、どこの映画会社が「キック・アス」を公開するのか?!、まるで不明ですが、憶測ではユニバーサル映画だろう…といった声が上がっているようです…。晴れて「キック・アス」が陽の目を観られる日が楽しみですが、大手の映画配給会社が中途半端に内容を大人しくする手直しだけはカンベンしてほしいですね…。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告