シリーズ最新作「マッドマックス4」の主演は、メル・ギブソンに代わって、「ハートロッカー」のジェレミー・レナーが新マッドマックスとして登場?!

ジェレミー・レナー-ザ・ハート・ロッカー
この夏、アメリカで公開されたアクション映画の中で1番おもしろいのは、「X-MEN/ウルヴァリン」でも、「ターミネーター4」でも、「トランスフォーマー2」でもなく、実はイラクのバクダットを舞台に米軍の爆発物処理班のスリリング極まりない日常を描いた「ザ・ハート・ロッカー」だ…ッ!!ということで、多くの映画ジャーナリストが意見を一致させています。その「ザ・ハート・ロッカー」で、危険な任務の虜になっていってしまう主人公のウィリアム二等軍曹を演じたジェレミー・レナー(↑)が、ちょっと聞き捨てならないコメントを発しました…ッ!! → 


ジェームズ・キャメロン監督の元嫁さんで、男泣き映画の大傑作「ハートブルー」(1991年)など、男の監督たち以上に男祭りな映画を得意としているクールな女流監督キャスリン・ビグローの男映画の最新作「ザ・ハート・ロッカー」については、昨2008年10月に紹介したきりですが、キャスリン・ビグロー監督の最高傑作では…?!と高い評価が下されている本作は、6月26月に全米でたった4館の限定公開で封切れらた後、口コミで人気を集め、徐々にスクリーン数を増やして、先週末の映画興行ランキングでは第13位にまで上がってくるなど健闘しています。
そんな話題の「ザ・ハート・ロッカー」に主演したジェレミー・レナーは、ゾンビ映画「28週後…」(2007年)で、ゾンビ感染の拡大を防ぐため市民を無差別に射殺せよという理不尽な軍の命令に従うことができず、主人公の姉弟らを助け、共にイギリス脱出を試みるスナイパーを演じていたマイナーな俳優ですが、「ザ・ハート・ロッカー」の成功により、次代のアクション・スターの候補として、にわかに注目を集めています。そのジェレミー・レナーは次回作として、銀行強盗犯の恋愛を描くベン・アフレック監督・主演作「ザ・タウン」に再来週から出演する予定ですが、modbee.com のインタビューの中で、今後の予定を聞かれたジェレミー・レナーは…、
ジョージ・ミラー監督の「マッドマックス」シリーズの新作に取り組んでいるんだ。
スクリーンテストを受けて、ジョージ・ミラー監督とも話した。来年の夏の映画になると思う。

…などと、いきなり驚きのコメントを発し、これによりジョージ・ミラー監督が、1985年のシリーズ第3弾「マッドマックス/サンダードーム」以来の最新作となる第4弾に本格的に着手しているらしいことが明らかになりました…ッ!!
マッドマックス」シリーズの最新作については、今年3月にココで、ジョージ・ミラー監督がMTVのインタビューに答え、実写ではなく、アニメで製作する方針であることを伝えました。ならば、ジェレミー・レナーは声優か…?!という感じですが、ジョージ・ミラー監督が、その後、5月にオーストラリアでロケハンを行なうなどしたことから、やはり、「マッドマックス4」はアニメではなく、実写のアクション映画として作られるらしい…ことが憶測されています。ジェレミー・レナーの「スクリーンテストを受けた…」という発言は、つまり、カメラの前で演技をしたということですから、「マッドマックス4」が実写映画として水面下で着実に製作が進められていることを裏付けると共に、製作準備のプリ・プロダクションがキャスティングの段階にまで至っているからには、脚本も完成していると見ていいでしょう。
ま、その脚本については、新作の「マッドマックス4」は、2003年に資金難で頓挫した幻の「マッドマックス/フューリー・ロード」を下敷きにしたものなので、とっくに出来上がり、寝かされていたのかもしれませんが…。
このジェレミー・レナーが、メル・ギブソンに代わって、新しいマッドマックスになるかも…?!というニュースは、欧米の映画メディアでは概ね、よいキャスティングだとして好意的に迎えられ、「ザ・ハート・ロッカー」で男をあげたジェレミー・レナーの新しいマッドマックスを観たい…ッ!!といった期待の方が大きいようです。
今後の進展がかなり気になる「マッドマックス4」ですが、それにしてもイラク戦争開戦で経済が不安定化し、その影響で製作中止に追い込まれた映画に、イラク派兵の映画で出世を果たした俳優が主演する…?!というのは、ちょっと皮肉なめぐり合わせですね…。
ザ・ハート・ロッカーから…
http://www.traileraddict.com/emd/12098
体に爆発物を装着され、人間時限爆弾にされた男性を、“爆発までの残り45秒間では救えない!!、悪いが、アンタ、死んでくれ…ッ!!”と、ジェレミー・レナーが見捨てる場面。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告