ザック・スナイダー監督が女だらけで描くダークファンタジー・アクション最新作「サッカー・パンチ」の闘うヒロインのキャラクター・アート!!

サッカー・パンチ-ザック・スナイダー-トップ
マンマ・ミーア!」(2008年)で大ブレイクしたアマンダ・セーフリードが主演し、共演者として、「ハイスクール・ミュージカル」シリーズのガブリエラ=ヴァネッサ・ハジェンズに、ジェーン・カンピオン監督の新作「ブライト・スター」(海外今秋公開)が今年のカンヌ国際映画祭で大絶賛されたアビー・コーニッシュ、そして、「ザ・レスラー」(2008年)の演技派エヴァン・レイチェル・ウッド、アメリカ映画史に残る名作コメディ「スーパー・バッド」(2007年)のエマ・ストーンといった豪華な女だらけのキャストのうち、主演のアマンダ・セーフリードにイチ抜けたされ、エヴァン・レイチェル・ウッド、エマ・ストーンがその後を追い、結局、メイン・キャスト5人のうち半分以上の3人に去られてしまった、「ウォッチメン」(2009年)のザック・スナイダー監督の最新作「サッカー・パンチ」のキャラクター・アートです!! → 


サッカー・パンチ-ザック・スナイダー-キャスト
そのいなくなったアマンダ・セーフリードの代わりに、コリアン・ホラー「箪笥」(2003年)のリメイク「アンインバイテッド」(2009年)のエミリー・ブラウニング(写真上段左、レモニー・スニケットの子ですね)が主演し、エヴァン・レイチェル・ウッドとエマ・ストーンの代役として、「ドラゴンボール」風映画(2009年)でチチみたいな役を演じていたジェイミー・チャン(写真下段中)と、「イントゥ・ザ・ワイルド」(2007年)で無茶な兄貴を慕っていた妹のジェナ・マローン(写真下段右)がサッカー・パンチ-コミック・コン-Tシャツ出演することになった注目作「サッカー・パンチ」のキャラクター・アートを、←左の写真のようなTシャツの形で、ワーナー・ブラザースが先週末に行なわれたサンディエゴ・コミック・コンで初公開しました…!!
1作ごとに新しい映像世界を開拓するヴィジョナリーなザック・スナイダー監督の最新作「サッカー・パンチ」の“サッカー”は、スポーツのサッカーではなく、「サムサッカー」(2005年)の“サッカー”。つまり、“しゃぶる”ということですが、俗語でクソッタレのサイテーのバカ野郎の死んだ方がマシな奴…といった意味になる悪態ですね。
そんなちょっと過激な題名がつけられた「サッカー・パンチ」の内容は、1950年を舞台に、エミリー・ブラウニングが演じる主役のベイビー・ドールが、クソッタレでサイテーのバカ野郎な死んだ方がマシの義父により精神病院に入れられ、そこで人格を破壊するロボトミー手術を施される5日間の間に、現実の苦しみから逃れようと、空想のパラレル・ワールドに飛び込み、精神病院から脱走するために必要な5つのアイテムを集める…という、ザック・スナイダー版の「不思議の国のアリス」とも言うべきオリジナルの悪夢なストーリーを、現実とまぼろしの世界を重ね合わせて描くダークファンタジーのアクション映画です。共演者のヴァネッサ・ハジェンズ、アビー・コーニッシュ、ジェイミー・チャン、ジェナ・マローンらはみな、精神病院に収容されている患者で、ベイビー・ドールが作り出した幻想の世界の中で、共に悪夢の冒険をすることになるようです。
ジェシカ・ラングが主演した伝記映画「女優フランシス」(1982年)の中で、感情の起伏の激しい主人公の女優フランシスがロボトミー手術を施され、人格を失った結果、人形のようになってしまい、精神病院のベッドで下品な男たちにダッチワイフとして犯され続ける…という、観ていられない場面がありましたが、この「サッカー・パンチ」の登場人物らにも同じ運命が待ち受けているそうで…、それを考えると何がナンでも精神病院から脱走せざるを得ず、ちょっと怖いお話ですね…。
サッカー・パンチ-アレックス・パーディ
上 ↑ のキャラクター・アートは、エミリー・ブラウニングの主役ベイビー・ドールなのですが、一見して流行の盛り髪みたいな頭はよく見ると、お城と日本刀、砂時計、機関銃、クリーチャーの爪、そして、カギ…といったオブジェで構成されていて、どうやら、ベイビー・ドールの頭の中を表現しているようです。これを元に何となく想像すると、ベイビー・ドールの幻想世界の舞台としてお城が登場し、クリーチャーを相手に機関銃や日本刀で闘い、砂時計で決められた時間のうちにカギを見つけなければならない…といったことなんでしょうか…?!、とりあえず、ザック・スナイダー監督が「ウォッチメン」に続けて、またどんな斬新な映像世界を披露してくれるのか?!、楽しみな作品です…ッ!!
ワーナー・ブラザース製作・配給のザック・スナイダー監督作品「サッカー・パンチ」は、来年2010年10月の公開が先送りされ、再来年2011年3月25日全米公開!!、撮影は近日中にカナダのバンクーバーでスタートする予定ですッ!!
上 ↑ のベイビー・ドールのキャラクター・デザインを描いたのは、イラストレーターで、ファッション・デザイナーのアレックス・パーディです。ワーナー・ブラザースは、このコミ・コンで無料配布したTシャツを即座に一般に販売するべきです…!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告