ミーガン・フォックスのエッチなコメディ・ホラー「ジェニファーズ・ボディ」の新しいポスターと、よい子も観られる安全な予告編!!

ジェニファーズ・ボディ-ポスター-トップ
からニョロッと出た手は、人食いチアリーダーの食べ残し…?!、とりあえず、その手を尻に敷いてるミニスカのセクシーなボディの持ち主は…
   → 


ジェニファーズ・ボディ-ポスター2
全世界で爆裂大ヒットの「トランスフォーマー2/リベンジ・オブ・ザ・フォールン」の前作の第1作め(2007年)のオーディションで、監督のマイケル・ベイからカメラテストと称して、「君がボクの愛車のフェラーリを洗車する姿を撮影したいんだよ…」と、股間ギンギンに求められ、自らビデオカメラをかまえたマイケル・ベイ監督の前で、エッチな洗車を披露して役を“体当たり”でゲットしたという…、お前ら、どっちもタダの変態やんけ!!、やっぱり、芸能界は…、みたいなスケベ天使のミーガン・フォックスですが、その変態が「トランスフォーマー」以外で、初めて大きな役を得た最新主演作「ジェニファーズ・ボディ」の新しいポスターを、製作・配給の20世紀FOXがリリースしました…!!、ほぼ1年前の昨2008年7月末に紹介した最初のポスターは、大人気ヴァンパイア・ドラマ「トゥルーブラッド」のポスターをパクッて真似したパロディみたいなデザインだったので、ようやく、まともなオリジナルのポスターが出てきた…といった感じですね!!
デビュー作の「ジュノ/JUNO」(2007年)で、いきなり大ヒットをかっ飛ばし、それ以前は生活のため、ストリッパーをしていた…といった経歴も話題となって、アメリカの新しいカルチャー・アイコンに祭り上げられた女流脚本家のディアブロ・コーディによる第2弾の本作は、ミーガン・フォックス演じる主人公の女子高生ジェニファーが飢えた悪魔にとり憑かれ、次々と男の子を文字通りに食べていくのを、日本語表記ではアマンダ・セイフライドだけれど、発音的にはアマンダ・セーフリードの演じる親友ニーディが立ち向かい、阻止しよう…とするホラー・コメディです。
で、そんな「ジェニファーズ・ボディ」の予告編は今週初めの6日(月)に、ご覧いただいたばかりですが、その初公開の予告編は“R指定”(17歳以下要保護者同伴の映画を指す)で、視聴が限られていたので、20世紀FOXは新たに…、
ジェニファーズ・ボディ-ミーガン・フォックス-5
↑ といったエッチなカットや…、
ジェニファーズ・ボディ-ミーガン・フォックス-6
↑ といった、ファンゴリアが紹介してくれた怖いカットを無くした安全で、よい子も
  観られる予告編をリリースしたので、ご覧ください。
http://www.traileraddict.com/emd/12197
ガールファイト」(2000年)の女流監督カリン・クサマがメガホンをとった本作が、学園ものとしても楽しめそうな気配が、先のR指定の予告編よりも感じられる新編集ですが、ただし、映画自体はR指定なので、やっぱり、アメリカでは17歳以下は自由に観ることはできません…。
ミーガン・フォックスではなく、大ヒット・ミュージカル映画「マンマ・ミーア!」(2008年)のアマンダ・セイフライド目当てのファンもたくさん駆けつけそうな「ジェニファーズ・ボディ」は、9月18日から全米公開です!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!