「スター・ウォーズ」にワクワクした子どもの心を、ノートを空想の映画館にして紙人形で再現した楽しいアニメ!!

スター・ウォーズ-ATOM
スター・ウォーズ」(1977年)を観て感激した子どもが、いつまでも冷めやらぬ楽しい映画の記憶にふけり、学校の授業なんか、そっちのけに映画をノートの上に再現しようとした…といったコンセプトのアニメです…!! → 


http://media.mtvnservices.com/mgid:hcx:content:atom.com:438a8de4-c024-41fa-b31f-9832f4a007fd
そもそもはインディーズの個人映像作家に、作品発表の機会を与えるサイトだったのが、お笑いビデオ専門のバラエティ・サイトに切り替わった Atom.com が、ルーカス・フィルムと共催で、2002年から行なっている「スター・ウォーズ」をテーマにしたトリビュート・ビデオのコンテスト“スター・ウォーズ・ファン・フィルム・アワーズ”に、コロンビア人の長い名前のアニメーター、オスカー・ファビアン・トリアナ・メンデスさんが出品した「スター・ウォーズ・イン・ア・ノートブック」です。
学校でふだん使うような身近な素材で作った…という、このアニメにオスカーさんが込めたテーマは、冒頭に記したような“楽しい映画の思い出”のようです。
不人気な「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」などよりも、このオスカーさんのアニメの方が、初期の「スター・ウォーズ」の素朴で痛快で、子ども心に訴えかけてきたワクワクの魅力の雰囲気が伝わってくるような気がしますね…。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!