南アフリカの非人道的なエイリアン差別を描いたSFモッキュメンタリー「ディストリクト9」の新しいポスター!!

ディストリクト9-ポスター-トップ
あまりパッとした映画ニュースがないので、とりあえず、南アフリカのスラムに隔離されたエイリアンたちの居住区がある…という設定のモッキュメンタリー(ウソのやらせドキュメタンリー)「ディストリクト9」の新しいポスターをご覧ください…!!
   → 


ディストリクト9-ポスター
南アフリカ出身のCMディレクター、ニール・ブロムカンプが2005年に発表し、注目を集めた短編映画「アライブ・イン・ヨハネスブルグ」を、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソンがプロデュースし、長編映画化した最新作「ディストリクト9」の新しいポスターです。
5月にご覧いただいたポスターでは、シューティング・ターゲットになったエイリアンのシンボルが大写しで、UFOが背景にかすんでいたのですが、この新しいポスターでは巨大なUFOをハッキリと見せて、SF映画らしさが強調され、デザインがよくなった感じがします。
内容の多くはまだ謎に包まれている「ディストリクト9」ですが、配給のソニー・ピクチャーズはアメリカでは明後日となる8日水曜日に、本作の新しい予告編をリリースしてくれるそうなので、また少し映画の秘密が明かされるかもしれません。
木曜日(9日)辺りに、ご覧いただけると思うので、お楽しみに…ッ!!
「ディストリクト9」の最初の予告編はコチラ。監督は、ニール・ブロムカンプがそのままあたっています。下 ↓ の動画は、地球に不時着したエイリアンたちを管理・監視している国際組織MNUが、エイリアンへの警戒を呼びかけているCMです。
http://www.traileraddict.com/emd/11819
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!