新生「スター・トレック」大ヒットで、クリス・パイン船長が過去に主演したオクラ入りホラー「キャリアーズ」が陽の目を見て、予告編を公開!!

キャリアーズ-クリス・パイン
一躍有名になると、そのスターが過去の無名時代に出演した作品が引っ張り出されてくる…という、映画界ではお決まりの便乗商法ですね!!
ですから、最新主演作ではありません…!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/12013
現在は整理統合で親会社のパラマウント映画に吸収され、事実上は存在せず、単にレーベルのブランドとして名前があるだけのパラマウント・ヴァンテージが2006年に製作しながら、ずっとオクラ入りになっていたパンデミック・ホラー「キャリアーズ」が、「スター・トレック」の大ヒットのおかげで陽の目を見られることになりました…!!、という訳で、この「キャリアーズ」の主演は、新生「スター・トレック」で、二代目カーク船長に大抜擢され、大ヒットで一躍、スターの仲間入りを果たしたクリス・パインです。クリス・パインが俳優として最初に注目を集めたのは、昨2008年1月のサンダンス映画祭で人気を集めた、カリフォルニア・ワインの創成期を描いたドラメディ「ボトルショック」ですから、本作に主演した時点では、まぁ、無名に近い、ちょっと二枚目の兄ちゃんでした。
そんな発酵前のクリス・パインが観られる「キャリアーズ」は、地球規模で拡大する恐ろしい疫病の蔓延を逃れ、メキシコ湾に避難して、感染が収まるのを待とうと旅立った4人の若者が…、当然、この手の映画のお約束としてクルマは壊れ、次々と災難に襲われる…ッ!!というホラー映画です。
キャリアーズ-2
キャリアーズ-3
予告編を観たところでは、確かに平凡なB級ホラー…といった感じで、けして傑作ではないでしょうが、そこそこ楽しめそうな雰囲気はなくもなく、ちょっと「28日後…」(2002年)を思わせるゾンビ映画のテイストが見受けられますね。
ただし、この映画を作ったスペイン人の新人アレックスとデヴィッドのパストール兄弟監督は、この長編デビュー作以後の第2弾はまだ作れていませんから…、あまり期待できないのは確かでしょう…。
キャリアーズ-4
キャリアーズ-5
キャリアーズ-6
キャリアーズ-7
パラマウント映画が、自社の大ヒット作「スター・トレック」に便乗して、カーク船長のクリス・パイン主演!!と誇大広告のように銘打って封切るパンデミック・ホラー「キャリアーズ」は、アメリカで9月4日から限定公開の予定です。
下 ↓ は本作のポスターです。
キャリアーズ-ポスター
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告