近未来ヴァンパイア社会のクールなディストピアを描いたSFホラー映画「デイブレーカーズ」が予告編を初公開!!

デイブレーカーズ-イーサン・ホーク-1
恋愛映画の「トワイライト・サーガ」(2008年)を火付け役とする現在ヴァンパイア映画ブームには、今ひとつ関心を持てない…という人も、興味をそそられるおもしろそうなSFホラーヴァンパイア映画の登場です…ッ!!
   → 


http://www.traileraddict.com/emd/11944
マニアックなジャンル映画のファンに支持されたインディーズのゾンビ映画「アンデッド」(2003年)で注目を集めたオーストラリア人のピーターマイケルのスピエリッグ兄弟監督がハリウッドに招かれ、初めて製作したスタジオ・ピクチャーとなる「デイブレーカーズ」の予告編を、配給のライオンズ・ゲートが初公開しました!!
このSFヴァンパイア映画「デイブレーカーズ」の舞台は2019年の近未来。謎の伝染病により、ほとんどの人類がヴァンパイアに生まれ変わり、普通の人間が少なくなったことで、吸血鬼たちは深刻な食料危機ならぬ血液危機の渇きに陥っていた…ッ!!、そのためヴァンパイアは、絶滅に瀕した人間を捕まえては、殺さずに家畜として血液を供給させる養殖ファームを作り、血液に代わる代替食料の開発などを急いでいたが、そうした吸血鬼のサバイバル・プランを託されている研究者のエドワードは、人間たちを救おうとしているヴァンパイアの地下組織から接触を受け、すべての問題が解決される、ある極秘計画を知ることになる…ッ!!
デイブレーカーズ-イーサン・ホーク-2
…といった、「アイ・アム・レジェンド」(2007年)の世界のその後の未来?!みたいな内容で、予告編で観られるヴァンパイア社会のクールなディストピアのイメージや、達者な俳優をそろえたキャスティングなど、見応えのありそうなSFホラーに仕上がりそうな予感がします。
主人公として研究者のエドワードを演じているのは、「その土曜日、7時58分」(2007年)が好評だったイーサン・ホーク(↑)ですが、本作が「ガタカ」(1997年)に次ぐSF映画の代表作になるでしょうか…?!、そして、ヴァンパイアのレジスタンスを演じているのは、最新主演作であるラース・フォン・トリアー監督のドグマ・ホラー映画「アンチ・キリスト」が大きな話題となっているウィレム・デフォー。また、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(2005年)で、ナタリー・ポートマンのパドメ・アミダラの姉妹ソーラを演じていた…、ということは、つまり、ルーク・スカイウォーカーのおばさんとなるクローディア・カーヴァンが、ボウガンをかまえ、イーサン・ホークを拉致していますね。さらに、「ジュラシック・パーク」シリーズや、「オーメン/最後の闘争」(1981年)のサム・ニールのほか、「トランスフォーマー2/リベンジ・オブ・ザ・フォールン」が日米で大ヒット中のイザベル・ルーカスも出演しています。
この少し風変わりで興味深いSFホラーのヴァンパイア映画「デイブレーカーズ」は、来年2010年1月8日から全米公開の予定です。下 ↓ は本作のポスターです。
デイブレーカーズ-ポスター
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告