トンデモ映画の巨匠ローランド・エメリッヒがマヤ暦の預言の終末思想に則って、世界を滅亡させる大災害映画「2012」の予告編!!

2012-2
いつものように特撮映像大博覧会のはじまりですが…、この人の映画はいつも本編よりも予告編の方がおもしろいので、わざわざ、お金を払って映画を観よう…などと思っている人予告編を観ないでおいた方がいいと思います…!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/11768
ハリウッド版「ゴジラ」の「GODZILLA」(1998年)や、「デイ・アフター・トゥモロー」(2004年)、「紀元前1万年」(2008年)といった見かけ倒しのトンデモ映画で知られる巨匠ローランド・エメリッヒ監督の最新作のディザスター・ムービー「2012」を製作・配給するソニー・ピクチャーズが、新しい予告編をリリースしたので、ご覧ください。
例によってSFXのクオリティは高く、おぉーッ!!と声をあげたくなるような目を疑う場面が次々に展開していますが、「紀元前1万年」など、過去のトンデモ映画の見せ場は予告編で出し尽くされていて、実際の映画本編には、もはや予告編以上の驚きの迫力映像はありませんでした…。となれば、後は映画の体裁を整えるために付け足された波乱のない退屈な物語を観させられるだけで…。といった感じが、下 ↓ のローランド・エメリッヒ監督の地元であるドイツ版の少しもたついた予告編から、すでに伝わってきてるような感じがします。本作は当初、言われていたパラレルワールドのSFストーリーがいつの間にか無くなり、あらすじが単純化してきてるだけに心配です…。
古代マヤ文明が遺したカレンダーが2012年までしか日を刻んでいないことを根拠に、同年に世界は崩壊し、人類は絶滅する…ッ!!というサブカルの終末思想の大預言を元にした「2012」の出演者は、ジョン・キューザックキウェテル・イジョフォータンディ・ニュートンダニー・グローヴァーオリバー・プラットアマンダ・ピート、ほか…。
http://www.traileraddict.com/emd/11775
当初の7月10日全米公開でサマームービー・ウォーズ参戦から撤退した本作の新しい全米封切り日は11月13日。日本では12月公開です!!
普通に考えて、カレンダーを作る作業なんてキリがありませんから、まぁ、2012年までカレンダーを作った古代マヤ人はかなりガンバッたのでは…?!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告