極寒の南極で起きた史上初の猟奇殺人事件にケイト・ベッキンセイルが挑むスリラー「ホワイトアウト」の予告編がついにオンラインに登場!!

ホワイトアウト-ケイト・ベッキンセイル-1
ワーナー・ブラザース傘下で、プロデューサージョエル・シルバーや、ロバート・ゼメキス監督といった映画人らが作ったジャンル映画プロダクションダークキャッスル作品ですが…最新作ではありませんッ?!
   → 


http://www.traileraddict.com/emd/11736
2年以上前の2007年5月に撮影が終了し、同年の夏には一度、プロモーションが始められたにも関わらず、その後、オクラ入りの秘蔵作品として、長らく封切りのタイミングを窺っていたケイト・ベッキンセイル主演の幻のサスペンス映画「ホワイトアウト」の必見の予告編です!!
わが手に雨を」(文藝春秋)などのハードボイルド・ミステリ作家グレッグ・ルッカがストーリーを担当した同名グラフィック・ノベルを映画化した本作は、ケイト・ベッキンセイル演じる連邦保安官のキャリーが、南極大陸で起きた史上初の猟奇的な殺人事件を捜査する過程を描いたスリラー映画です。
夏の間は白夜として、24時間、陽が暮れない南極ですが、その反対に、半年続く長い冬の間は太陽が昇らず、すべてが闇に覆われてしまい、捜査ができないことから、キャリー保安官はその冬が訪れる3日間のうちに事件を解決しなければなりません…ッ!!、そんなタイムリミットのプレッシャーに加え、過酷な極寒の厳しい自然環境とも闘いながら、どの国の領土にも属さないという特殊な法の下にある南極で、果たして、キャリーは白い悪魔が暗黒の冬に逃げ込む前に、その正体を暴き、逮捕することは可能なのか?!、二重三重のサスペンスが張り巡らされたストーリーが、クライマックスに向けて盛り上がる傑作として、この「ホワイトアウト」は期待されています。
監督をつとめたのは、ブラッド・ピットが連続殺人鬼を演じたサイコ映画「カリフォルニア」(1993年)や、やはり、ストーリーに様々な罠が用意されていたヒュー・ジャックマンVSジョン・トラボルタの傑作クライム・ムービー「ソードフィッシュ」(2001年)のドミニク・セナです。
共演は、コメディ映画「ザ・スピリット」(2008年)のヒーロー、ザ・スピリットことガブリエル・マクトのほか、テレビ・シリーズ「ブラザーズ&シスターズ」では、いろんなトラブルを家族に遺し、自分はサッサと死んでしまう実業家のお父さんだった名脇役のトム・スケリットといった俳優たちです。
ホワイトアウト-ケイト・ベッキンセイル-2
プロットを読んで、予告編を観るかぎりでは、かなりおもしろそうな「ホワイトアウト」は、9月11日から全米公開の予定です!!、日本では来年2010年の封切りとなるようです!!、ココに「ホワイトアウト」の不気味なポスターがあります。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告