手塚治虫ファンから不満爆発のハリウッド版「鉄腕アトム」のCGアニメ「アストロボーイ/ATOM」の最新プロモーション・ビデオ!!

アストロボーイ-ATOM
噴飯映画ドラゴンボール・エボリューション」(2009年)の歩んだ道を忠実になぞっている?!みたいなアニメは、まだ作られています…!!たぶん誰も興味ないと思いますがヒマな人はご覧ください…!! → 


http://www.traileraddict.com/emd/11744
今年2009年1月には資金繰りの都合で、ロサンゼルス・スタジオの正規スタッフのアニメーターを一時解雇するなどしたことから倒産説が飛び出していた香港のイマジ・アニメーション・スタジオが製作しているハリウッド版「鉄腕アトム」のCGアニメ「アストロボーイ/ATOM」の最新プロモーション・ビデオです。
予告編などの映像が公開される以前の、神秘のベール?!に包まれていた頃は海外の映画メディアでも注目度の高かった本作ですが、ひとたび、キャラクター・デザインや、映像が披露され、その内容が大きなカン違いに満ちたものらしい…と知れ渡った現在では、もはや、公開終了したかのように無視され、忘れ去られてしまっています…。
プロモーション・ビデオの前半では、手塚治虫先生が生み出したキャラクターの鉄腕アトムが、1951年の誕生以来、これまでの長い歴史の間、ずっと高い人気で支持されてきたことが、アトムのイメージに不釣合いなBGMでカンタンに振り返られ、後半が、そのアトムを現代的なCGキャラクターの“ATOM”として再生した最新作のアニメ映画の紹介となっています。ニコラス・ケイジや、ヴェロニカ・マーズフレディ・ハイモアなど、声をつとめる俳優と、キャラクターを並べて、わかりやすく紹介しているので、ふ~ん、こんな感じなんだ…と観てもらえればよいかな…と思います。
映画館で公開するためのフィルムのプリント代が、ほとんど、アホな無駄遣いのように思われている墜落決定?!の「アストロボーイ/ATOM」は、今秋10月23日全米封切りの後、日本でも公開です…。DVDスルーが無難では…?!と、ふと思わざるを得ないというのが、大方の意見のように思われます…。
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告