レオナルド・ディカプリオが、闇賭博映画「ラウンダーズ」の脚本家によるオンラインカジノの世界に挑む最新作のプロジェクトをスタート!!

レオナルド・ディカプリオ-シャッターアイランド-3
新作の企画が引きも切らないレオですが、また1本ラインナップに加わりました…!! → 


大友克洋の「AKIRA/アキラ」の映画化は見送る可能性が高くなったレオナルド・ディカプリオですが、業界メディアのTHRによれば、自らが主演することを前提に、オンラインカジノの世界をテーマにした新作プロジェクトの企画開発を始めたそうです。今のところ題名のつけられていない、この新プロジェクトは、多くの賭博サイトが拠点を置く…、ということは、つまり非合法なアンダーグラウンドの賭博サイト組織も多いことになる中央アメリカのコスタリカが舞台…とだけしか紹介されておらず、サスペンスなのか?!、コメディなのか?!、作品のジャンルもわかりません…。
しかしながら、このオンラインカジノの映画のシナリオを執筆したのは、マット・デイモンエドワード・ノートンが共演し、闇ポーカーの世界を描いた傑作「ラウンダーズ」(1998年)や、ラスベガスのカジノホテルを舞台とした「オーシャンズ13」(2007年)など、賭博には造詣の深いブライアン・コペルマンとデビッド・レビーンのコンビです。それでレオが自ら主演したい…ということですから、オンラインカジノの世界の裏側を、かなり鋭くえぐった作品になることが期待されるのではないでしょうか…?!
この何となく、おもしろそうな予感がする新プロジェクトに出資し、完成した映画を配給する予定なのはパラマウント映画です。もちろん、レオのプロダクション、アピアン・ウェイが実際の映画製作を請け負うことになります。
ザッと確認できるだけでも20本以上のプロジェクトを抱えているレオなので、このオンラインカジノ映画が、一体、いつ作られることになるのか?!、ちょっと想像もつきませんが、記憶の片隅にでもとどめておくとしましょう…!!
【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!

広告